ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■小村康一氏=元駐ブラジル大使

■訃報■小村康一氏=元駐ブラジル大使

ニッケイ新聞 2009年12月18日付け

 駐日ブラジル大使を務めた小村康一氏(こむら・こういち)が16日午前11時7分、心筋こうそくのため東京都内の自宅で死去した。84歳。
 神奈川県鎌倉市出身。東京大学卒業後、1950年に外務省へ入省し、53年に副領事としてサンパウロ総領事館で勤務。その後は外務省中南米課勤務、バンクーバー総領事、英国大使館公使、チリ大使などを経て、86年から駐ブラジル大使を務めた。
 89年に退官後は拓殖大学総長(91~95年)、日本ブラジル中央協会理事長などを務めた。
 葬儀・告別式は23日、東京都内で営まれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ