ホーム | 連載 | 2012年 | 伯国初の邦字紙創刊・星名謙一郎に育てられた孤児=住沢泰美さんに素顔聞く | 伯国初の邦字紙創刊・星名謙一郎に育てられた孤児=住沢泰美さんに素顔聞く=(下)=植民地内の評価は二分=「訃報は〃解放〃だった」

伯国初の邦字紙創刊・星名謙一郎に育てられた孤児=住沢泰美さんに素顔聞く=(下)=植民地内の評価は二分=「訃報は〃解放〃だった」

ニッケイ新聞 2012年3月17日付け

 栗林さんは「星名の周りには用心棒が沢山いた。特に星名と同棲していたお玉さんの弟の毛利伊三さんは『兄貴、兄貴』と呼んで慕っていた」とし、「植民地での星名の評価は大きく二分していたようです」と証言する。
 住沢さんは母マスヨが21年に亡くなって3年後、父親ミナエが早世した。24年6月に星名の家が襲撃を受けてお玉が死んだ後、住沢さんは8歳で星名のもとへ引き取られてきた。
 住沢さんは次男。3歳年上の兄ジツアキと3歳年下の弟タケキがおり、3人で暮らした。住沢さんの父親が愛媛出身と、星名と同郷で、生前知り合いだったことも引き取る理由だったようだ。
 「60歳近くだったが、老けたおじいさんという印象はなかった」と語る。仕事はせず、よく馬に乗って出かける姿が焼き付いている。
 星名の家は7メートル四方しかなく、玄関のある面だけがレンガ造りで、あとの三面は厚い板が打たれていた。「家には一度も入れてくれなかった。いつも窓は閉じており、中の様子も見たことがなかった」。かなり用心していたようだ。
 3兄弟は星名の家の裏側に増築した部分で暮らしていた。「ベッドもなく、布の上で雑魚寝していた」と当時の貧しい暮らしを思い出す。
 24年にソロカバナ代表として星名が、ノロエステは上塚周平が大使との間で85万円の低利資金融資「85低資」が日本政府へと請願された。3兄弟が星名と暮らしていたのは、星名が85低資のため奔走していた頃だ。「いつもサンパウロに行っており、月に5、6回しか帰ってこなかったし、帰ってきても家にはいなかった」。
 住沢さんはよく星名に呼ばれ、10キロある駅までの道のりを星名とともに馬で走った。「『行くぞ』と必要な言葉だけしか言わない。出発はいつも早朝で、星名さんが前に乗って私はその後ろにいた。しがみつくと怒られそうな気がして、じっとしていた。駅で見送ると一人で馬に乗って帰った」と思い出す。
 「勉強も働くこともできなかった。着ていた服も父と住んでいた頃のもので、星名さんからもらったものといえば拳骨ぐらいだったね」と住沢さんは笑う。食事を作ることもなく、自宅の近くに植えていたさつまいもを兄弟で料理していた。
 「いつも怒りんぼうでわけもなく叩かれていた。特に兄はいたずら好きでよく近くにあるものでコツンとやられていた。父親のような存在とはとても思えなかった」。それでも「優しい印象はなかったけれど、働けない子供を引き取ったのは責任を感じていたからじゃないかな」と思い返す。兄弟を引き取ったのは、愛する人を失い、還暦を迎えた孤独を紛らわせるためだったのかもしれない。
 12月のある早朝、星名はバウルーへ向かう列車に乗る直前、駅のホームで凶弾に倒れた。犯人は、星名がかつて珈琲植え付け請負人として雇って、働きが悪いために解雇した伯人だった。25年12月14日付け聖州新報の訃報では、星名が日本に残した妻子に触れ「ここ一、二年の内には帰国し眞の温みに浸りたいとは常にもらす言葉だった」とある。
 「亡くなった時、私達兄弟は家に居ました。その死は街に出て初めて知りました。正直に言えば、やっと解放されると兄弟で喜んだことを覚えています」と住沢さんは率直に語る。
 星名の急死とともに、3人兄弟はお玉の兄弟である毛利一家に引き取られた。兄弟は別々になり、住沢さんは哲夫のもとへと預けられた。兄弟とはそれっきり会っていない。同地で農業を続け、今では第三支部で娘達に囲まれて暮らす。
 栗林さんも「植民地でも『星名がもう少し生きていたら、植民地は更に栄えていただろう』と言う人も多かった」と言うものの「今でも、『銃で打たれたのだから恨みを買うような事をしていたのだろう』との認識が占めている」と続けた。
    ◎
 日本移民の2大集団地、ハワイでもブラジルでも最初の邦字紙経営に参画するという移民史上、類稀な経歴をもつ星名だが、その最後は実にあっけないものだった。一世紀が経った現在、ア・マシャードにすら彼を直接知るものはほとんどなく、年に一度の招魂祭の時に幾人かがお参りに訪れるのみだ。(終わり、亀山大樹記者)

写真=ア・マシャード日本人墓地にある星名の墓

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、聖市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会(河村邦比 […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 上塚周平描く演劇、いよいよ明日=劇団員到着、9日プロミッソンも2018年10月5日 上塚周平描く演劇、いよいよ明日=劇団員到着、9日プロミッソンも  【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)の一行16人が4日、いよいよ到着した。〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演は、6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, […]
  • 劇団夢桟敷=舞台で蘇った「肥後もっこす」=上塚周平描く真迫の演技=笑いあり涙ありで観客熱狂2018年10月11日 劇団夢桟敷=舞台で蘇った「肥後もっこす」=上塚周平描く真迫の演技=笑いあり涙ありで観客熱狂  【既報関連】熊本市の劇団「夢桟敷」(坂本真理代表)による「移民の父」上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演が、今月6日、聖市の熊本県人会で催された。夢を抱えて海を渡った笠戸丸移民の失望、挫折、そして苦闘。移民事業の将来を一身に背負い、どん底に身を落として […]