ホーム | 日系社会ニュース | 福島県人会=喜多方から産品紹介に=銘酒試飲やラーメンで

福島県人会=喜多方から産品紹介に=銘酒試飲やラーメンで

ニッケイ新聞 2013年7月20日

 ブラジル福島県人会(永山八郎会長)の呼びかけにより、福島県喜多方市の会津喜多方物産協会の元会長、佐藤彌右衛門さん(62、同市)、現副会長の五十嵐隆さん(59、同市)、武藤啓一さんら3人が県連日本祭りに合わせて市場視察と商品紹介のために18日に来伯した。
 試飲用に「純米吟醸」「本醸造寒造り」「純米」「純米にごり酒」の4種を携えて来た佐藤さんは、江戸中期の寛政二(1790)年に創業した老舗中の老舗の造り酒屋「合資会社・大和川酒造店」の社長だ。「大手も作っているような地酒じゃなくて、地元の厳選した米しか使っていない〃里酒〃です。ぜひ吟味してほしい」と薦めた。
 日本全国の小さな蔵元の高品質で個性的な地酒を海外に紹介販売するために設立されたジザケジャパン(株)の代表取締役会長も務める佐藤さんは、「ジザケの売上げの半分は、台湾、上海、香港、カナダや米国などの海外。次の狙いはブラジルです」と語った。
 五十嵐さんも1931(昭和6)年創業の「喜多方の平打ち太麺」で有名な「いがらし製麺」代表取締役だ。2日間かけて自然乾燥した、限りなく生麺に近い味が楽しめる同社自慢の自家製乾燥ラーメン(半年保存可)は、日本なら12食で2100円であり当地に持ってきても商機はありそうだ。30日保存可の喜多方ラーメン(生麺、各種スープ付き、2食)も日本なら420円と手頃な値段。
 五十嵐さんは当地にラーメン屋で試食し、「十分に市場があると確信した」という。さらに「東南アジアでは『日本のラーメン』といえば豚骨味だが、ブラジルでは『キタカタ』と言われるように広めたい。店舗の共同経営者などを探している」と頷いた。
 JICAシニアボランティアをしていた武藤啓一さんも再来伯し、「これからW杯、リオ五輪、2017年の福島県人来伯百周年と関係緊密化は間違いない。この気運をビジネスに」と意気込んだ。
 2月に開催された初の「世界県人会サミット」の折に、曽我部事務局長が同市を訪れて「ぜひブラジルへ」と依頼したところ、今回実現したという。同県人会の下坂匡さんも「ぜひ3回、4回と来てもらって繋がりを深めて欲しい」との期待を語った。3人は21日深夜に帰国する。

こちらの記事もどうぞ

  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 第3位=県連=創立から半世紀祝う=今まで一番と称賛相次ぐ日本祭2016年12月27日 第3位=県連=創立から半世紀祝う=今まで一番と称賛相次ぐ日本祭  3月31日に就任した山田康夫会長の新体制のもと、ブラジル日本都道府県人会連合会は『創立50周年記念式典』を8月7日、聖州議会で敢行した。延べ230人が集まり、半世紀を盛大に祝した。 […]
  • 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み2016年9月17日 県連代表者会議=第20回は支出360万レに=日本祭り、再び赤字見込み  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の8月度代表者会議が、先月25日に文協ビル内の県連会議室で行なわれた。次回の日本祭りについて予算を発表したほか、創立50周年式典やリオ訪問ツアーについて報告がなされた。  県連創立50周年式典を8月7日に終えた県連。山田会長は「 […]
  • 山口県人会=河村建夫衆議を大歓迎=「まるで郷里の町内会」=開拓先没者慰霊碑も参拝2016年8月19日 山口県人会=河村建夫衆議を大歓迎=「まるで郷里の町内会」=開拓先没者慰霊碑も参拝  「一瞬、故郷に帰ってきたという気持ちになった。まるで郷里の町内会のよう」――。河村建夫衆議院議員(日伯国会議員連盟幹事長、中南米日系人支援議員連盟会長)は6日、聖市の山口県人会(要田武会長)を訪問すると、待ち構えていた40人以上の会員らが割れんばかりの拍手喝采を送った。リオ五 […]