ホーム | 連載 | 2013年 | 太鼓指導員 蓑輪敏泰さんに聞く | 太鼓指導員 蓑輪敏泰さんに聞く=(上)=7年間で26万キロ=文化としての和太鼓伝え

太鼓指導員 蓑輪敏泰さんに聞く=(上)=7年間で26万キロ=文化としての和太鼓伝え

ニッケイ新聞 2013年10月29日

ブラジル太鼓協会で7年間を振り返る蓑輪さん

ブラジル太鼓協会で7年間を振り返る蓑輪さん

 JICAシニアボランティアや、ブラジル太鼓協会の依頼により約7年間ブラジルで和太鼓指導にあたった蓑輪敏泰さん(65、宮崎県)が11月1日に任期を終え帰国する。コロニアの若い世代を盛り立て、ブラジル社会を巻きこみ普及していく和太鼓界を絶えず後押ししてきた。同協会で本紙のインタビューに答え、「皆さんお世話になりました。すばらしい思い出を持って日本に帰ります。また帰ってくることを願っています」と感謝をのべた。

 これまで太鼓指導に訪れた場所を尋ねると、「サンパウロ、パラナ、マット・グロッソ、ゴイアス、アマパー、トカンチンス、ロンドニア…」と赴いた州を指折り数え、「移動距離でいえば約26万キロ。地球6周したことになる」と自分で目を丸くした。
 初来伯は2007年。百周年の記念事業「千人太鼓」の準備のため、太鼓人口がぐんと増えた頃だった。翌年には日本でプロとして活躍する娘の真弥さんも応援に駆けつけ、指導にあたった。
 「当時は老いも若きも一緒になって太鼓を叩いた。今はだんだん若い子に移行してきているし、以前はほとんど見なかった非日系も1割弱はいる。技能的レベルも上がってきた」と太鼓界の変化を語る。
 太鼓人口は、同協会の加盟チームで約2千人、08年以降はほぼ横ばいだ。ただし、非加盟チームがまだ150以上はあるため、年会費(現在80レアル)を下げて加盟しやすい体制を作ることも、今後の課題の一つだ。
 「ブラジルの子達は早打ちを第一義に考えてしまいがち。和太鼓に大事なのは『静』をいかに表現するか。パフォーマンスで見せるのはまだまだ先の話」。サンバのリズムが染み付いているブラジル人に、『間』を理解させるのにも苦心した。
 髪染め、アクセサリー類は禁止。リーダーの遅刻など無責任な行為は容赦なく叱りつけ、時間厳守も徹底した。「自分のことは自分でする」を原則に、家政婦になれた当地の子に自己責任も教える。「学校ではいいのに、どうしてだめなの」と反発しても、蓑輪さんは譲らない。
 「太鼓の周りには文化がある。日本の子は『なぜいけないか』を感じとれるが、ブラジルの子には理由付けが必要。とにかく定着するまで口をすっぱくして繰り返し教えるしかない」。単なる楽器指導に終わらない、それが和太鼓指導の主眼でもある。技術重視だった当初の審査基準も、「曲に合った演奏」や「こどもらしさ」を重んじる日本的なものに改訂された。
 蓑輪さんの耳には、「子どもが挨拶するようになってきた」「和太鼓を通して孫との会話が増えた」など、子どもの変化を喜ぶ声がコロニアから届くという。しかし当地では、チームの責任者は和太鼓には疎く指導ができず、リーダーも2〜3年で交代してしまう。日本文化としての和太鼓普及は、まだ始まったばかりなのかもしれない。(児島阿佐美記者)


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]