ホーム | 日系社会ニュース | 毎日新聞が聖市支局開設=初の支局長に朴鐘珠さん

毎日新聞が聖市支局開設=初の支局長に朴鐘珠さん

来社した朴記者

来社した朴記者

 毎日新聞(本社・東京)のサンパウロ支局が10月、聖市ジャルジン・パウリスタ区に開設され、初の支局長として朴鐘珠記者(38、島根)が赴任した。
 同社は1970年代頃に一時、当地に支局を開設していたものの短期間で閉鎖し、中南米の取材拠点をメキシコに移していた。W杯やリオ五輪等で伯国に注目が集まることを受け、今度はメキシコ支局を閉鎖して当地再開設に至ったという。
 在日韓国系二世の父、三世の母を持ち、韓国籍。慶應義塾大学を卒業後、米ミズーリ、ボストン両大学で5年間を過ごし、2004年に入社した。佐賀、福岡で支局勤務を経て、10年から本社外信部に配属された。11〜12年には語学留学として10カ月間聖市に滞在している。
 29日に来社した朴記者は「諸外国に比べ閉鎖的とも言える社会に生きる日本の読者に、国家の在り方を考えるヒントを提示出来れば」と抱負を語り、「コロニアへの興味は強い」と日系社会への関心も示した。
 現在同支局ではアシスタントを募集中。スペイン語を解し、日本語または英語で意思疎通が出来ることが条件。詳細は朴記者(11・99836・7678/park-c@mainichi.co.jp)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 2013年12月20日 歌姫は順調にレッスン中=9月訪日したメリッサちゃん=W杯前に新曲収録との話も=学校生活にも順応に適応 ニッケイ新聞 2013年12月20日 【既報関連】数々のカラオケ大会で優秀な成績をおさめ、当地のテレビ番組などにも出演して話題をよんだ10歳の歌姫国吉メリッサちゃん(三世)は本格的な歌手修行のため、家族総出で9月に訪日した。父ミウトンさん(46、二世)が一時帰国し […]
  • 5年経て宮本記者帰国=日経新聞社で人事交代2017年4月8日 5年経て宮本記者帰国=日経新聞社で人事交代  日本経済新聞の人事異動で、宮本英威さん(39、東京)が5年の赴任期間を終え帰国となった。サッカーW杯、リオ五輪、大統領罷免など話題の多かった時期を過ごした。  任期は12年4月~17年3月だった。「日系人の支えもあったし、懐の深いブラジルに受け入れてもらったと感じる。楽 […]
  • 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝2016年10月1日 梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝  ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW […]
  • サッカー日本代表=カレーとおはぎ差し入れ=初戦地マナウス日系社会から2016年7月27日 サッカー日本代表=カレーとおはぎ差し入れ=初戦地マナウス日系社会から  【マナウス発】リオ五輪開幕を前に、サッカー日本代表が初戦、第2戦を行うアマゾナス州マナウス市では、地元の日系団体などが慌ただしく準備を進めている。できる範囲で選手たちをサポートしようと、日本食の差し入れのほか、サポーターに青いゴミ袋を配る計画もある。 マナウスでは、開会式に先 […]
  • テメル大統領=日伯関係「強固に結束」=安倍首相、五輪閉幕式出席2016年7月26日 テメル大統領=日伯関係「強固に結束」=安倍首相、五輪閉幕式出席  【リオ・デ・ジャネイロ共同】「両国は歴史的、文化的、人的に強固に結束している」。ブラジルのテメル大統領代行は22日、共同通信の書面インタビューで日本を「アジアで最も伝統的なパートナーだ」と指摘。良好な関係を背景に、リオ・デ・ジャネイロから2020年の東京五輪・パラリンピックへ […]