ホーム | 食・音楽 | グルメ情報 | フォーリャ紙「最高の新日本食レストラン」『勘』
新鮮なちらし寿司
新鮮なちらし寿司

フォーリャ紙「最高の新日本食レストラン」『勘』

いよいよ「忍者グルメ隊」初出動だ! 日本の農水省は以前「スシポリス」を出動させて、海外に蔓延するニセ日本食に判定を下そうとしたが、ブラジルでは我々民間が勝手に出動だ。こっそり食べて判定を下すゾー。

最初の標的にふさわしい店を探すと、開店1年にも満たないのに早速フォーリャ紙で「最高の新日本食レストラン」と絶賛された日本食店「勘」が目に付いた。これこれ、怪しいゾ。ムフフ――。

地下鉄ブリガデイロ駅から徒歩3分の好立地。隠れ家のようにこぢんまりしていて、1階のカウンター席は7~8人座ると一杯だ。長年東京で寿司職人をしていた江頭ケイスケさんが、日系人の妻と店を切り盛り。渡伯後パライゾ区の新寿司で1年働き、オープンしたとか。

江頭さんの鮮やかな手さばきに見とれながら、カウンター越しに会話を楽しんでいると、気分はまるで日本の寿司屋。

お任せ握りができたのでパクリ。ネタは新鮮だし、醤油をつけるとほろりと崩れそうなシャリの握り具合もいい塩梅。しじみの味噌汁はうまみたっぷりでユズ風味――かと思ったら、なんとレモンで代替とか。ムムムと忍者アンテナがピクピク。でも美味しいからオッケー! その日の仕入れによって裏メニューもあるとか。昼食は他にチラシ寿司、刺身の盛り合わせがあり、味噌汁つきで45レアル。席数が少ないので予約がおススメ。

◆ 勘 (KAN)

【営業時間】午前11時半~午後2時、午後6時~午後10時、月曜定休
【住所】Rua Manoel da Nóbrega, 76, loja 12, Jardim Paulista
【電話】 11・3266・3819

 

「忍者ぐるめ隊」欄は、本紙記者が市内レストラン等をこっそりと〃お忍び〃で訪れ、日本人の視点から味・接客対応・トイレの清潔度をチェックして、ばっさりコメントするコーナーです。評価欄は、手裏剣1つは「普通」、2つは「旨い」、3つは「最高」で、〃要注意〃には爆弾マークが付きます。(《註》なお、この欄はほぼ冗談です。お店の方、本気にしないで)

 

こちらの記事もどうぞ

  • 実物を見ながら注文する2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 ギリシア料理『ACROPOLES』  20日に控える第二戦のお相手ギリシャは、FIFAランキングではなんと12位。48位の日本を軽くしのぎ、代表選手らは身長が高く屈強な、ギリシャ彫刻のような体格の持ち主ばかり。もし一戦目が引き分け(敗北は想定外)の場合、3戦目の強豪コロンビアに比べれば、ここで何とか一勝したい […]
  • 入口2014年7月14日 禁断の味の魚を食べさせる店 『Rancho da TRAIRA』  「禁断の味の魚を食べさせる店がある」という噂を聞いた読者から、「確かめてほしい」との通報を受けた。しかも「店主は日本人だが日本食ではない」らしい。いったいどんな〃禁断の味〃が待ち受けているのか。さっそく忍者ぐるめ隊出動だ!! メトロのアナ・ローザ駅から坂を下って徒歩10分 […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]
  • この概観も、アフリカ風2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 アフリカ料理『Biyou―Z』  日本代表の初戦(14日)の相手は通称〃エレファンツ(象)〃こと、コートジボアール(ポ語コスタ・デ・マルフィン=象牙海岸)。ここで一勝をあげれば、後が楽になる。是が非でも〃食って〃やりたい相手だ。彼らの武器は身体能力の高さだとか。察するに主食は肉、きっと味付けも野生的に違い […]
  • シチューのようなビーフカレー2014年5月23日 忍者が帽子をかぶっていたら、脱帽 居酒屋『きときと』  ズバリ結論から言うと、この4年間で訪れたサンパウロ市の日本食店の中では、ベスト3に入るうまさだった。もし忍者が帽子をかぶっていたら、脱帽ものだ。 南米だけにエクアドルの首都を連想させる「きときと」という名前にも惹かれ赴いた。雰囲気は居酒屋というより洒落たカフェ。小笠原出身 […]