ホーム | 食・音楽 | グルメ情報 | 〃老舗〃フェイジョアーダ専門店 『ボリーニャ』

〃老舗〃フェイジョアーダ専門店 『ボリーニャ』

 ブラジルを代表するおいしい料理といえば、何といってもフェイジョアーダ。えっ、典型的すぎる? いやいや、多国籍料理も良いけれど、やっぱり定番は郷土料理でしょ。昔の日本移民は最初食べられなくて困ったとの話も聞くが、西洋料理になれた現代の日本人には抵抗はない。むしろ異国の料理なのに、なぜかお袋の味みたいでホッとする。

というわけで〃老舗〃「ボリーニャ」に行ってみた。ヴェージャ誌で「サンパウロの優秀店」と紹介され、ネット上のグルメサイトでも絶賛されている店だ。近所のパダリアの安いのですら美味いのだから、老舗ならさぞかしシビれるうまさに違いないと胸を高鳴らし、いや腹をグルグル鳴らしてグルメ隊が出発だ!

内装はレトロ調で老舗っぽさたっぷりだ。ほどなく「クンブッカ」と呼ばれる植木鉢のような巨大な器に盛られた目的の品がやってきた。さらにマジョッカやバナナのから揚げ、豚、リングイッサ、コウベ(ケール)など、2人分のはずなのに4人分はありそうな付け合せが次々に…。むむむ、量でひるんではいけない!

良く見ると、水っぽさが気になる感じ。どろりとしたのが好みの隊員としては若干気になるが、とりあえず一口……うん、やっぱり薄い。相方は「コクがない」と肩を落とした。これがサンパウロ随一のフェイジョアーダか? まずいとは言わないが、何か決定的なコクに欠ける。正直、近所のパダリアの方が断然いける―と思ったが、もしや隊員の味覚自体が、合成調味料バリバリの庶民向けフェイジョアーダに慣らされてしまったのか?

付け合せも頑張って食べてみるが、油っぽいし、どうにも食べきれない。値段はなんと2人分で250レアル。引きつる笑顔で店を出、二度と行くまいと誓った。本当にうまいフェイジョアーダとは――と改めてブラジルの〃母の味〃を考えさせられた。

◆ フェイジョアーダ専門店 ボリーニャ (Bolinha)

【営業時間】月曜は正午~午後5時、火~日曜日は午後11時45分まで
【住所】Av. Cidade Jardim, 53 – Jardim Europa
【電話】11・3061・2010

 

「忍者ぐるめ隊」欄は、本紙記者が市内レストラン等をこっそりと〃お忍び〃で訪れ、日本人の視点から味・接客対応・トイレの清潔度をチェックして、ばっさりコメントするコーナーです。評価欄は、手裏剣1つは「普通」、2つは「旨い」、3つは「最高」で、〃要注意〃には爆弾マークが付きます。(《註》なお、この欄はほぼ冗談です。お店の方、本気にしないで)

 

こちらの記事もどうぞ

  • アジア料理 Tian2014年3月14日 ヴェージャ紙「おいしくて安いで賞」アジア料理店『Tian』  もしや、都市伝説? 今年のヴェージャ紙で、聖市高級住宅街イタイン・ビビ区のとあるレストランが「おいしくて安いで賞」に輝いたという。同区に安くてうまい店なんて本当に存在するのか? 自分の舌で確かめるべく、忍者ぐるめ隊出動だ! ズラリと高級な店構えの店が並ぶ同区にあって「Tian […]
  • 入口2014年7月14日 禁断の味の魚を食べさせる店 『Rancho da TRAIRA』  「禁断の味の魚を食べさせる店がある」という噂を聞いた読者から、「確かめてほしい」との通報を受けた。しかも「店主は日本人だが日本食ではない」らしい。いったいどんな〃禁断の味〃が待ち受けているのか。さっそく忍者ぐるめ隊出動だ!! メトロのアナ・ローザ駅から坂を下って徒歩10分 […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]
  • 実物を見ながら注文する2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 ギリシア料理『ACROPOLES』  20日に控える第二戦のお相手ギリシャは、FIFAランキングではなんと12位。48位の日本を軽くしのぎ、代表選手らは身長が高く屈強な、ギリシャ彫刻のような体格の持ち主ばかり。もし一戦目が引き分け(敗北は想定外)の場合、3戦目の強豪コロンビアに比べれば、ここで何とか一勝したい […]
  • この概観も、アフリカ風2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 アフリカ料理『Biyou―Z』  日本代表の初戦(14日)の相手は通称〃エレファンツ(象)〃こと、コートジボアール(ポ語コスタ・デ・マルフィン=象牙海岸)。ここで一勝をあげれば、後が楽になる。是が非でも〃食って〃やりたい相手だ。彼らの武器は身体能力の高さだとか。察するに主食は肉、きっと味付けも野生的に違い […]