ホーム | 日系社会ニュース | 湖西市女児死亡事故=聖州高等裁が一転、時効判決=禁錮2年への減刑に伴い=検察官唖然「信じられない」

湖西市女児死亡事故=聖州高等裁が一転、時効判決=禁錮2年への減刑に伴い=検察官唖然「信じられない」

ニッケイ新聞 2014年4月17日

 

昨年4月24日にサンタカタリーナ州ジョインビレ地裁で行われた被告人尋問(右端が藤本被告)

昨年4月24日にサンタカタリーナ州ジョインビレ地裁で行われた被告人尋問(右端が藤本被告)

 【既報関連】2005年10月に静岡県湖西市で山岡理子ちゃん(当時2歳)が死亡した自動車事故に関して、事故直後に帰伯していた日系人の藤本パトリシア被告に対する控訴審の判決が14日に公表された。聖州高等裁は、2年2カ月の禁錮などを命じた昨年8月の一審の有罪判決を覆し、今回は「時効」を認める判決を下した。

 エリアーネ・パサレリ担当検察官は本紙の電話取材に「まだ正式には知らされていない」としながら、「信じられない。時効の判決が出たらもう終わり。上告はできない」と残念そうに語った。
一審では昨年8月、2年2カ月の禁固刑、6カ月の運転免許停止とする有罪判決が出たが、14日の二審判決では禁錮2年に減刑された。
事故が発生したのは05年10月。州高等裁が起訴相当と判断した10年11月までに5年が過ぎていることから、時効が成立すると判断された。当地の刑法では、禁錮の刑期が2年を超えていれば時効は8年経った時点で成立するが、禁錮1年から2年までの場合は、4年で成立する。
州裁判所のサイトによれば、昨年8月に地方裁で判決が出たものの、被告・弁護側とも判決を不服として控訴した。州高等裁には10月に受理され、今年1月には報告担当判事のもとに書類が渡っていた。
同被告は事故数日後に帰伯し、日本政府が09年、伯国政府に対して代理処罰を申請していた。 湖西市内で05年10月に起きたこの事故では、藤本被告の軽乗用車と山岡理恵さんの乗用車が衝突し、山岡さんの車に同乗していた長女の理子ちゃんが死亡した。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • パラナ110周年=2万人式典で盛大に祝う=マリンガーで移民エキスポ=皇室御訪問に向け準備着々2018年1月12日 パラナ110周年=2万人式典で盛大に祝う=マリンガーで移民エキスポ=皇室御訪問に向け準備着々  移民百周年記念式典で約7万5千人をローランジアに集めたパラナ日系社会は、移民110周年で再び大祭典を挙行すべく、着々と準備を進めている。パラナ州では7月19、20、21日の3日間に渡りマリンガーで『移民110周年エキスポ』を開催し、記念式典を20日午後7時から行う。1 […]
  • 聖州議会=ナカダ・ネルソン氏に名誉功労章=日系福祉団体を裏で支えた功労者2017年12月15日 聖州議会=ナカダ・ネルソン氏に名誉功労章=日系福祉団体を裏で支えた功労者  青空市場でレモン販売の商人からはじめ、果物や野菜を中心とした小売店7店舗を聖州で展開するNKグループの経営者に――。ゼロから事業を起し成功する一方で、日系福祉4団体を14年間に及び匿名で支援してきたナカダ・キヨシ・ネルソン氏(70、二世)の功績に対し、1日、聖州議会本 […]
  • 愛善ホテル創業20周年=「一つ屋根の下から始まった」2017年12月5日 愛善ホテル創業20周年=「一つ屋根の下から始まった」  ナザレ・パウリスタ郡の長閑な高台に位置し、およそ10アルケールの広大な敷地を有する愛善ホテル(石田王貴人社長)は、『創業20周年式典』を、先月15日、同ホテルで開催した。  初代経営者の石田顕雄さん(二世、76)は、フォード、GM、VWなどの大手自動車会社で機械技師 […]
  • 援協=リッファ賞品贈呈式=当選者2人は賞品寄付2017年10月31日 援協=リッファ賞品贈呈式=当選者2人は賞品寄付  サンパウロ日伯援護協会主催「第18回援協リッファ(協力券)」の当選者への賞品贈呈式が、19日午前10時から援協ビル内で行われた。  式典には、賞品を提供した協賛企業のトヨタ自動車、本田技術研究所、パナソニックの三社から代表者が出席した。  1等のトヨタ自動車エティ […]