ホーム | 日系社会ニュース | 湖西市女児死亡事故=聖州高等裁が一転、時効判決=禁錮2年への減刑に伴い=検察官唖然「信じられない」

湖西市女児死亡事故=聖州高等裁が一転、時効判決=禁錮2年への減刑に伴い=検察官唖然「信じられない」

ニッケイ新聞 2014年4月17日

 

昨年4月24日にサンタカタリーナ州ジョインビレ地裁で行われた被告人尋問(右端が藤本被告)

昨年4月24日にサンタカタリーナ州ジョインビレ地裁で行われた被告人尋問(右端が藤本被告)

 【既報関連】2005年10月に静岡県湖西市で山岡理子ちゃん(当時2歳)が死亡した自動車事故に関して、事故直後に帰伯していた日系人の藤本パトリシア被告に対する控訴審の判決が14日に公表された。聖州高等裁は、2年2カ月の禁錮などを命じた昨年8月の一審の有罪判決を覆し、今回は「時効」を認める判決を下した。

 エリアーネ・パサレリ担当検察官は本紙の電話取材に「まだ正式には知らされていない」としながら、「信じられない。時効の判決が出たらもう終わり。上告はできない」と残念そうに語った。
一審では昨年8月、2年2カ月の禁固刑、6カ月の運転免許停止とする有罪判決が出たが、14日の二審判決では禁錮2年に減刑された。
事故が発生したのは05年10月。州高等裁が起訴相当と判断した10年11月までに5年が過ぎていることから、時効が成立すると判断された。当地の刑法では、禁錮の刑期が2年を超えていれば時効は8年経った時点で成立するが、禁錮1年から2年までの場合は、4年で成立する。
州裁判所のサイトによれば、昨年8月に地方裁で判決が出たものの、被告・弁護側とも判決を不服として控訴した。州高等裁には10月に受理され、今年1月には報告担当判事のもとに書類が渡っていた。
同被告は事故数日後に帰伯し、日本政府が09年、伯国政府に対して代理処罰を申請していた。 湖西市内で05年10月に起きたこの事故では、藤本被告の軽乗用車と山岡理恵さんの乗用車が衝突し、山岡さんの車に同乗していた長女の理子ちゃんが死亡した。

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]
  • 潮の変わり目に何をすべきか=商議所・部会長シンポ=(上)=第3四半期から回復の予想も2017年3月7日 潮の変わり目に何をすべきか=商議所・部会長シンポ=(上)=第3四半期から回復の予想も  「昨年は激動の年で、前回シンポでは経済はどん底で耐え忍ぶ状態だった。だがテメル政権による経済政策が奏功し、インフレ沈静化など経済指標に明るい兆しが見えてきた。この潮の変わり目に何をすべきか。いま出来る課題をしっかりと認識しましょう」―2月23日午後、聖市内ホテルで開催され […]
  • 生長の家=谷口総裁夫妻、7月来伯へ=第88回立教記念日など式典2017年3月14日 生長の家=谷口総裁夫妻、7月来伯へ=第88回立教記念日など式典  生長の家ブラジル伝道本部(向芳夫理事長)は第88回立教記念日・総裁法燈継承記念式典を5日、聖市ジャバクアラ区の本部講堂で開催し、約500人が出席した。88年間を振り返るビデオが最初に上映され、教えは中南米全体に広がり、今では日本を超える250万人もの信者がいることを振り返 […]
  • 総領事公邸で天皇誕生日祝賀会=陛下のご健康を400人が祈念2016年12月9日 総領事公邸で天皇誕生日祝賀会=陛下のご健康を400人が祈念  今上陛下の御誕生日を祝し、6日正午、聖市モルンビー区の在聖総領事公邸で祝賀会が華やかに開催された。日系団体や日系企業代表のほか、伯国政府関係者など約400人が招待され、天皇皇后両陛下のご繁栄とご健康を祈った。 […]
  • ジョナタン「最後の1年」決意=水野龍の孫、浜松でプレー=白球の夢追い高知から移籍2017年2月25日 ジョナタン「最後の1年」決意=水野龍の孫、浜松でプレー=白球の夢追い高知から移籍  第1回移民船を運航させた「移民の祖」水野龍の孫、ジョナタン正一(せいいち)さん(20、三世)が「最後の1年」の決意で、静岡県で白球を追っている。2014年3月に野球渡航し高知の球団に所属していたが、1年半を過ごした後、浜松へ移籍、4年目の正念場だ。仕事のかたわら、現地のク […]