ホーム | 日系社会ニュース | 川目弁護士の法律アドバイス=日本ではここに気をつけて!=想像絶する死刑執行の恐怖

川目弁護士の法律アドバイス=日本ではここに気をつけて!=想像絶する死刑執行の恐怖

弁護士法人川目法律事務所代表 川目武彦(かわめ・たけひこ)

 1978年生まれ、埼玉県川越市出身。埼玉県立川越高校卒、上智大学法学部法律学科卒。2004年に司法試験に合格し、09年に弁護士法人川目法律事務所(浦和)を設立。その後、東京都、千葉県にも事務所を設立。13年に開設した群馬の事務所にはポ語通訳を置き、在日ブラジル人にも対応。珍しい取り組みと反響を呼んでいる。

 クイズです。中国は不明、イランは314、イラクは129、アメリカは43、日本は8――これらは何の数でしょうか。答えは2012年の死刑制度を実施している国の「死刑執行件数」です。
 日本では、現在も死刑制度が維持されており、裁判員裁判が導入された以降も、死刑判決が出ています。最近も新たに死刑が執行され、谷垣法務大臣が会見を行ったところです(2014年6月26日川崎正則死刑囚)。
 日本国内では、死刑制度の賛否に関して、賛成派と反対派の激しい議論がありますが、いまのところ、すぐに死刑制度が廃止されるという様子はうかがえません。多くの国が死刑制度を廃止、あるいは事実上停止しているのにもかかわらず、日本はこの制度を維持し、現在でも絞首刑による死刑執行を続けています。
 日本の死刑制度については、その制度の存在自体に議論があるところですが、これ以外に死刑確定者の処遇をめぐる問題もあります。例えば、現在の日本の死刑執行制度は、死刑執行の日時を予め死刑確定者に伝えない運用になっています。いつ執行するのか教えないわけです。これが非人間的ではないか、という議論があります。
 私は現在死刑確定者の方の再審請求事件の弁護人をしているので、定期的に死刑確定者の方から話を聞く機会があり、この「いつ死刑が執行されるか分からない」という恐怖について教えてもらいました。この恐怖は、外界で生活している我々には想像を超えるものであるようです。例えば、施設から出される食事がいつもよりもおいしかったりすると、「いつもと違う。今日が死刑執行の日ではないか」と思ったり、また、刑務官の足音が聞こえると「ひょっとしたら死刑執行のためではないか」という恐怖を常に感じるということでした。
 ちなみに、去年死刑を廃止した州のアメリカ人刑務官の人と話をする機会があったので、上記の日本の死刑制度の説明したところ、その刑務官の方は「そのようなことをしていたら気が狂ってしまうだろう。なんでそんなひどいことをしているんだ?」と強い疑問を呈していました。
 ブラジルでは既に相当前に一般犯罪に対する死刑制度が廃止されていますから、死刑確定者に関する上記のような問題が発生することはなかろうと思います。そのため、今回の話はブラジルに居住されている皆様には関係がない話なのですが、日本では、死刑問題に関する議論が続くなかで、今日も死刑制度の歯車が回り続けていることをお伝えしたく、このテーマを取り上げさせていただきました。

こちらの記事もどうぞ

  • 在日ブラジル人=リーマン以降初の増加=犯罪数も激減、離日に歯止め?=共生事業で移住歓迎の自治体も2016年11月12日 在日ブラジル人=リーマン以降初の増加=犯罪数も激減、離日に歯止め?=共生事業で移住歓迎の自治体も  日本の在留ブラジル人数が2008年のリーマン・ショック以降、初めて増加に転じている。法務省が今月1日、在留外国人統計を発表した。集計は16年6月時点のもの。ブラジル人は昨年末に比べ3千人ほど増え、合計17万6284人となった。  この増加は日本側での求人増と、ブラジル国 […]
  • 東海大の学生ら10人来伯=第5回伯スタディーツアー2016年3月12日 東海大の学生ら10人来伯=第5回伯スタディーツアー  東海大学の学生らが中心になって活動する外国人児童の支援団体「ベイジョ・メ・リーガ」のメンバーら10人が、第5回ブラジルスタディーツアーのため先月26日から当地に滞在している。 「ベイジョ―」は2009年に発足。在日ブラジル人を中心とした、外国籍児童の学習支援や多文化交流イベン […]
  • 日系第1号に小川彰夫さん=リオ五輪の聖火ランナー2016年5月5日 日系第1号に小川彰夫さん=リオ五輪の聖火ランナー  リオ五輪まで100日を切り、つい一昨日から当地で聖火リレーが始まった。第一走者としてバレーボール女子代表のファビアナ・クラウジノがブラジリアで聖火を受け取り、8月5日の開幕まで全伯をかけ巡る。 一般からも約1万2千人が参加する中、日系ペディアや日系WEBを運営する小川彰夫さん […]
  • 日伯の医師免許持つ夫婦=松崎信二郎、会理子さん=在日伯人支援にも活躍2015年8月21日 日伯の医師免許持つ夫婦=松崎信二郎、会理子さん=在日伯人支援にも活躍  在日ブラジル人に頼りにされる日系医師夫婦がいる。外科医の松崎信二郎さん(50、二世)と妻で小児科医の会理子さん(48、東京)で、二人とも日本とブラジル両国の医師免許を持ち、首都圏の病院に勤務する。一時帰国中の11日、二人に話を聞いた。 「一般受診者なら1人5分だけど、ブラジル […]
  • ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み2015年10月9日 ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み  【既報関連】今週末に行われる公演のため、浪曲師の春野恵子さんが7日、着聖した。当地の浪曲文化を知り、自らブラジル公演を発案したという春野さんに、公演への意気込みを聞いた。 春野さんは2014年のニューヨーク公演成功を皮切りに、積極的に国外公演を行う。その中で浪曲文化の根付く当 […]