ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | 憧れのリオの名所を訪問!(2)

憧れのリオの名所を訪問!(2)

 子連れリオデジャネイロの旅、2日目は、ポン・ジ・アスーカルとコルコバードの丘。8カ月の息子と一緒なので、かなりゆったりプランです。ポン・ジ・アスーカルは、直訳すると「砂糖パン」。リオデジャネイロ南部、ウルカ海岸とベルメーリャ海岸の間にある小さな半島に突き出した奇岩です。名前の由来は、まさに名前の通り「砂糖パンの形をしているから」、「かつて円錐型に固めて輸出した砂糖の塊に似ているから」、など諸説あります。町並みを順光で見るには午前中から午後の早い時間帯がよく、夜景もまた美しいそうです。
 地上から頂上までは、ロープウェイを2つ乗り継ぎます。まずは、ベルメーリャ海岸近くにある最初のロープウェイで「ウルカの丘」へ。ここからロープウェイに乗ります。
 ホリデーシーズンよりはかなり空いているといえども、ロープウェイ乗り場は長蛇の列。かなり待つのかと思いきや、20分ごとに出発しているロープウェイは数十人が立って乗るので、列はどんどん進み、それほど待たずに乗れました。
 海抜220メートルのウルカの丘に到着した時点ですでに感激! すこし霧がかかっていましたが、展望台からの眺めが素晴らしくて、気持ちいい! この日は暑く、天気がよかったので、大富豪のものと思われる(?)ヨットがたくさん浮かんでいました。

乗り場

乗り場

ウルカの丘からの眺め

ウルカの丘からの眺め

 ちょっとしたカフェやお土産屋さんもあり、うっかりここで満足しそうになりますが、気合いを入れて海抜396mのポン・ジ・アスーカル頂上を目指します。先に見えるのが頂上です。

 到着すると…ご覧の通り。何も見えません。

頂上へ向かう

頂上へ向かう

真っ白

真っ白

 ここは雲や霧が出やすく、天候が変わりやすいので、地上で天気が良くてもここは霧で真っ白ということがしばしばあるそうです。でも、晴れ間を狙って・・・。

遠くにキリスト像

遠くにキリスト像

 ほとんど見えませんが、遠くにちょこんと突き出ているのがコルコバードの丘で、キリスト像が建っています。頂上からは晴れ渡った絶景を望むことは出来ませんでしたが、真っ白な霧の中に降り立ったことも、途中のウルカの丘からの絶景もリオの良い思い出となりました。ちなみに息子は、行列に並んでいる時は元気に起きて周りの方々に愛想を振りまいていましたが、肝心のウルカの丘からの絶景と頂上はお昼寝中につき見逃しましたとさ。
 今回の旅の目的、1つ達成!午後は二つ目の目的地、コルコバードの丘へ。こちらはやっとの思いで辿り着きました。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2014年12月11日 旧都サルバドールへ (3)  引き続きサルバドールの旅。 古都サルバドールには、300を超える教会や、歴史的コロニアル建築が数多く残されていて、たくさんの観光客を惹きつけています。観光の中心となるセントロ(旧市街)は徒歩で回ることが出来ます。 2日目は、セントロ観光。まずは、サルバドールの名所のひとつラセ […]
  • 美味しい!2014年9月25日 肉を美味しく食べる魅惑のソース  ああ、肉が止まらない! ブラジルではとにかく肉をよく食べます。大きな串に刺さったシュラスコスタイルも人気ですが、お皿にどーんとお肉が乗って出て来るステーキ屋さんもたくさんあり、これまた人気です。 ブラジルに来て間もない頃は、日本で食べる脂の乗ったやわらかいお肉が恋しくて、 […]
  • 2014年11月20日 スタジアムでサッカー観戦!  ブラジルに来てはや2年。昨年6月に行われたコンフェデ杯は、ブラジリアへ日本対ブラジル戦の応援に行きましたが、世界有数のサッカー大国に住んでいながら、あろうことかサッカークラブチームの試合はスタジアムで観戦したことがありませんでした。いつか行きたいとずっと想い続ける中、つい […]
  • 記念碑前で2014年9月11日 歴史とくつろぎ、イピランガ独立公園  サンパウロの公園といえば、大手旅行口コミサイトで今年世界の公園ランキング8位にランクインしたイビラプエラ公園が有名ですが、負けず劣らず素敵な公園に先日行って来ました。 Parque da […]
  • ベランダに蚊取り線香2014年8月28日 忍び寄るクッピンとの戦い  奴らがやって来た! その存在は知ってはいたものの、こんな形で出会うとは! 彼らの名は「クッピン」。可愛らしい名前とは裏腹に、気を許すと恐ろしい存在なのです。 数日前、とある日中の気温が30度近くまで上がった日の夕暮れ。息子をお風呂に入れた後、新しいオムツをしようとしたら・ […]