樹海

 「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にしたほうがいい」。産経新聞に掲載されたこんなコラムが今、話題になっている。「居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」と書くのは作家で日本財団の元会長の曽野綾子氏である▼それは数十年前に訪れた南アフリカの一風景から、確信したという。ヨハネスブルグにあった白人専用のアパートに黒人が住むようになった。白人は核家族だが、黒人は大家族だ。数人が住むよう設計されたスペースに数十人が住んだ結果、水不足が置き、白人は引っ越し、黒人しか住まなくなった。だから―と冒頭に繋がる。かなりの暴論と言ってもいい▼コラムは、「『適度な距離』保ち受け入れを」となっているように、「日本への移民受け入れ緩和を」が要旨なのだが、人種住み分けを説く。世界中で恵まれない人に支援活動をしてきた日本財団の元トップがアパルトヘイトを是としたのだから、海外の目ディアも報じた▼偶然だろうが、掲載日2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて25年目にあたる。アフリカに関する活動を行うNGO団体は、「南アフリカの人びとが命をかけて勝ち取ったアパルトヘイトの終焉と人種差別のない社会の価値を否定するような文章が社会の公器たる新聞紙上に掲載されたことを、私たちはとても残念に思います」と声明を出し、抗議している▼ブラジルに住み、デカセギの事情も知っているとこの主張は興味深い。長く住む読者はどう感じるのか聞いてみたいものだ。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 今年一番感動したエピソード2017年12月27日 今年一番感動したエピソード  今年も本日で、本年最後の新聞となった。本当に一年が早い。今年もいろいろ取材したが、中でも一番感動した話を紹介したい。8月末にブラジル静岡県人会創立60周年の祝賀会の席で、川勝平太知事にインタビューした時のことだ。  上座で食事をしていた知事に近づき、「11月から日系 […]
  • ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉2017年9月15日 ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉  「今大会では、いかにもブラジルらしい歌にたくさん出会えて、とても幸せな一日でした」――司会の多田邦治さんはにこやかに、そう全伯短歌大会を締めくくった。 […]
  • バイリンガルの育て方=(下)=日本側のポルトガル語教育の場合2017年9月5日 バイリンガルの育て方=(下)=日本側のポルトガル語教育の場合  在日ブラジル人子弟の母語形成は、家庭内のポ語と公立学校に入学してからの日本語と二段階あり、複雑だ。デカセギである親は工場の残業に忙しく、子供にかまってやれない。だが、子どもは家庭で親から生活知識から倫理までを情感たっぷりに、豊富な語彙で教わる必要がある。  デカセギ […]
  • 《ブラジル》新しい研究プロジェクトに大いに期待2017年8月29日 《ブラジル》新しい研究プロジェクトに大いに期待  週末に開催された「南米日本語教育シンポジウム2017」を取材して、いろいろ考えさせられた。特に「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(H28―32科研費、代表=松田真希子・金沢大学)という大きなプロジェクトが始まっていると聞き、調査される側として実に […]