ホーム | 日系社会ニュース | 裏千家助教授=上原さん、天谷茶を紹介=「移民の挑戦に痛いほど感動」
東京都新宿区市ヶ谷のJICA地球ひろばで講演する上原さん
東京都新宿区市ヶ谷のJICA地球ひろばで講演する上原さん

裏千家助教授=上原さん、天谷茶を紹介=「移民の挑戦に痛いほど感動」

 昨年8月にあった裏千家中南米大会の折に、聖州レジストロ市の天谷茶園を訪問した裏千家茶道助教授の上原美奈子さん(55、東京)=神奈川県在住=が、茶業に携わる日系人らの取り組みを日本で広めている。
 NPO法人日本茶インストラクター協会理事や東京国際大学付属日本語学校茶道クラブ講師をつとめる上原さんは、「自分で摘んで自分で製茶するマイオリジナルティー作り」をコンセプトに、同県清川村に茶畑も運営する茶農民でもある。
 2013年に農水省の事業で初訪伯し、日本茶セミナーを10日間に亘って展開した際、当地の茶史に関心を抱き、帰国後も文献で追いかけ協会紙に紹介するなどしていた。
 昨年は、当地で茶畑から工場までの工程を唯一自社で続けている天谷茶園(紅茶が中心)での茶交流のほか、元茶工場や移民にゆかりのある教会や博物館を訪問した。「短い滞在の中で、茶園の100年の物語に触れた。自分がお茶を育てていることで、移民の方の挑戦に痛いほど感動したのだと思う。それらをほとんど知らない日本の茶業界に、何か伝えなくてはという想いが日々強くなった」と振り返る。
 帰国後、歴史と合わせて茶の香りを楽しむ歴史茶会「歴茶」や、NPO法人「現代喫茶人の会」の会合で天谷茶を紹介。当地茶業の歴史や現在の取り組みについて講演を行い、現地の方法で茶を振舞ったところ、味も南米ならではの取り組みも大好評を博した。「それどころか、年配の男性は涙しながら『全く知らなかった。恥ずかしい。天谷さんのお茶を買うことが、茶業に係る移民の方々の人生への感謝であり、ブラジルの茶の歴史への評価だ』とおっしゃられた」と喜ぶ。
 岡本久江さんの著書『茶の花』も涙を誘い、「そのままNHKの朝ドラにしたらよい」という声まで上がったという。
 また上原さんは「カザロン・ド・シャーは素晴らしい文化財なのに、日本で全く知られていない」とし、「お茶で南の国々とつながる会」も立ち上げ、JICAの活動団体として登録。専門家を動員して茶文化、移民の歴史を伝えていく意気込みだ。
 「政府の事業でもなく、どこかの援助でもなく、植民地産業でもなく、『個人がお茶を育てたい』という取り組みから育ったブラジルの茶業は、歴史的にも大変珍しいケースで本当に素晴らしい。これからもブラジルのお茶の歴史を追いかけ、少しでも正しくその深い歴史を伝えられるよう勉強を続けたい」と話した。


【大耳小耳コラム】

 日本でブラジル移民の茶業の歴史を伝え広めている上原美奈子さんは、「日本には様々なお茶の研究機関があるが、ブラジルで茶業を拓いてきた方々は目の前のお茶と向かい合い、機械をご自分たちで作り、素晴らしい製茶の文化を作り上げて来られた」と感じ入っていた。天谷茶園の応接室に飾られてあった「拓魂」の二文字は、「今の日本の茶業界にこそ必要なキーワードと感じた」とか。上原さんが紹介することにより、当地のお茶と移民の〃拓魂〃が、日本茶業界にも新風を吹き込みそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に2019年6月8日 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に  在ブラジル日本国大使館の山田彰大使は今月6日にブラジリアで、ブラジルの国連難民高等弁務官事務所のジョゼ・エガス代表と「ベネズエラ難民・移民人道支援計画」の書簡の交換を行った。これにより、日本政府がベネズエラからの難民・移民が流入しているブラジルに対し、最大4億1700万円の無 […]