ホーム | 日系社会ニュース | 人文研勉強会=長村裕佳子さんが研究発表=政治と邦字紙の関係語る

人文研勉強会=長村裕佳子さんが研究発表=政治と邦字紙の関係語る

勉強会の様子(左から五人目が長村さん)

勉強会の様子(左から五人目が長村さん)

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)の勉強会が11日午後6時から、文協ビル内の同研究所会議室で行われた。発表者に本紙クリチーバ通信員の長村裕佳子さんを迎え、「ブラジル邦字紙における日系政治家の選挙関連記事とその読まれ方について―ニッケイ新聞とサンパウロ新聞を例に」をテーマに、出席した12人が議論を交わした。
 長村さんは研究における具体的な問いとして、「ブラジル邦字紙の読者の9割が伯国の投票権を持たない一世移民である中で、日系政治家の選挙関連記事はどのような意味を持つのか」を設定した。
 読者、新聞社、政治家の三要素すべてに調査を進めた上で達した結論は、記事は特定の政党のイデオロギーを紹介するものでなく、「移民社会の共存意識やアイデンティティを高める働きを持つもの」とした。邦字紙上で語られる「日系社会は」「日系票」という言葉も、読者に「自分も日系社会のメンバーである」という意識をもたらすと分析する。
 読者への調査では「記事に関して特別な関心は持っていない」という人が大半だったが、「日系人が活躍することが自分の誇りだ」という意見も聞かれたという。
 日系議員に対する調査でも同様に、「広報が影響するとは考えていない」「日系人に対する活動報告という意味合いが強い」という意見がほぼ全てだった。
 発表後の質疑応答では、出席者との間で「日系のアイデンティティとはなにか」「戦後間もない時期には、邦字紙もまた違った意味をもったのでは」といった議論に発展、活発な討議によって相互に理解を深めた。
 長村さんは今年パラナ連邦大学で社会学の修士号を取得し、6月中に日本へ帰国予定だが、「この問題はデータだけでは実証できないので、継続して調査を続けていきたい。伯国の他のコミュニティへの調査も行っていければ」との意向を示した。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]