ホーム | コラム | 樹海 | 人の生死を分けるものは?

人の生死を分けるものは?

 24日未明、ゴイアス州でセルタネージャの歌手クリスチアーノ・アラウージョとその恋人が事故に遭い、同日から25日にかけて、通夜や埋葬が行われた▼不学故にどれほど人気がある歌手か知らなかったが、テレビでは特集を組み、遠路はるばる葬儀に駆けつけた人も多数いた。番組の一つでは、シートベルトを使っていなかったために死亡した有名人と共に、間一髪で死を免れた人の例を挙げ、「第2のチャンス」についても語っていた▼その番組を見て、子供達が幼い時、信号が変わった事を確認して道を渡り始めたのに信号無視の車が走りぬけ、乳母車を引っ掛けられそうになった事などを思い出し、間一髪で助かった経験のある人は多いはずだと改めて感じた。と同時に、以前読んだ本にあった「人は生きている限り使命がある」との言葉も思い出した▼先の歌手埋葬の日は奇しくも、5月27日に起きたピアウイ州の少女4人への暴行、強姦事件の公判の日だった。報道によると、生き残った少女3人は、供述を行うため、事件以来初めて揃い、互いに抱擁を交わすと共に涙に咽んだという。今も入院中の少女は友人が亡くなった事を知らず、他の2人が言葉を濁したというが、助かった少女の一人は、死んだふりをしたために頭部への投石を免れたともいう▼人の生死を分けるものが何であるかは知らない。テレビ番組の中では「守護天使」の言葉も出、「第2のチャンスを得た人は一様に、これまでとは違う目で自分の生き様や命の重さを考えるようになった」と語っていた。事故や事件に遭わずともすべての人が命を大切にする事を考える機会になればとも思いつつ、時が流れた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?2018年9月28日 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?  10月7日に一次投票が迫った大統領選は、極右候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)と政権奪還を目指す労働者党(PT)のフェルナンド・ハダジ氏の、左右両極対決で決選投票になるだろう、という見方が強くなってきている。たしかに、ここ最近報道される世論調査の結果か […]
  • 今も根強い男性至上主義2018年9月27日 今も根強い男性至上主義  26日付2面に25歳のブラジル人男性から暴行を受けた米国在住で22歳のブラジル人女性の話が載っている。男性が全て暴力的な訳ではなく、報道されるのは問題のある例ばかりと知ってはいるが、25日付G1サイトの記事では、男性至上主義に取り付かれた人の怖さを改めて感じた▼酒を飲んだ加害 […]
  • 大統領選を左右するか「戦略投票」2018年9月25日 大統領選を左右するか「戦略投票」  「Voto […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]