ホーム | コラム | 樹海 | 人の生死を分けるものは?

人の生死を分けるものは?

 24日未明、ゴイアス州でセルタネージャの歌手クリスチアーノ・アラウージョとその恋人が事故に遭い、同日から25日にかけて、通夜や埋葬が行われた▼不学故にどれほど人気がある歌手か知らなかったが、テレビでは特集を組み、遠路はるばる葬儀に駆けつけた人も多数いた。番組の一つでは、シートベルトを使っていなかったために死亡した有名人と共に、間一髪で死を免れた人の例を挙げ、「第2のチャンス」についても語っていた▼その番組を見て、子供達が幼い時、信号が変わった事を確認して道を渡り始めたのに信号無視の車が走りぬけ、乳母車を引っ掛けられそうになった事などを思い出し、間一髪で助かった経験のある人は多いはずだと改めて感じた。と同時に、以前読んだ本にあった「人は生きている限り使命がある」との言葉も思い出した▼先の歌手埋葬の日は奇しくも、5月27日に起きたピアウイ州の少女4人への暴行、強姦事件の公判の日だった。報道によると、生き残った少女3人は、供述を行うため、事件以来初めて揃い、互いに抱擁を交わすと共に涙に咽んだという。今も入院中の少女は友人が亡くなった事を知らず、他の2人が言葉を濁したというが、助かった少女の一人は、死んだふりをしたために頭部への投石を免れたともいう▼人の生死を分けるものが何であるかは知らない。テレビ番組の中では「守護天使」の言葉も出、「第2のチャンスを得た人は一様に、これまでとは違う目で自分の生き様や命の重さを考えるようになった」と語っていた。事故や事件に遭わずともすべての人が命を大切にする事を考える機会になればとも思いつつ、時が流れた。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》追い詰められたテメル大統領は何をしでかすか―2017年5月30日 《ブラジル》追い詰められたテメル大統領は何をしでかすか―  「テメルの次は誰か」―が首都の主要な話題になっているようだ。来週火曜日、6月6日に始まる選挙高裁(TSE)のジウマ/テメルのシャッパ審議の判決が「数日以内」に出る可能性がある。今のところテメル本人が辞任する雰囲気は薄い。ここでシャッパ無効判決が出ることが、最短時間で政 […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • 《ブラジル》繰り返される報奨付供述と情報漏洩2017年5月25日 《ブラジル》繰り返される報奨付供述と情報漏洩  17日夜、グローボ局サイトとニュースが流したJBS社主の報奨付供述は、政・財・司法の各界に波紋を投げかけている▼最も素朴な疑問は、なぜ、最高裁が公開を認める前に供述内容が報じられたかだ。ラヴァ・ジャット作戦開始以来、報奨付供述、司法取引という言葉が頻繁に出てくるが、供述内容公 […]
  • 《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」2017年5月19日 《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」  17日夜7時半、テメル政権に致命的な激震が走った。JBS社主兄弟の司法取引供述に、「ジャブル官邸で今年3月7日、テメル大統領が兄弟に、エドゥアルド・クーニャ元下院議長が司法取引に応じないよう裏金を渡し続ける工作を相談している様子を録音したもの」が含まれているとオ・グロ […]