ホーム | コラム | 樹海 | 人の生死を分けるものは?

人の生死を分けるものは?

 24日未明、ゴイアス州でセルタネージャの歌手クリスチアーノ・アラウージョとその恋人が事故に遭い、同日から25日にかけて、通夜や埋葬が行われた▼不学故にどれほど人気がある歌手か知らなかったが、テレビでは特集を組み、遠路はるばる葬儀に駆けつけた人も多数いた。番組の一つでは、シートベルトを使っていなかったために死亡した有名人と共に、間一髪で死を免れた人の例を挙げ、「第2のチャンス」についても語っていた▼その番組を見て、子供達が幼い時、信号が変わった事を確認して道を渡り始めたのに信号無視の車が走りぬけ、乳母車を引っ掛けられそうになった事などを思い出し、間一髪で助かった経験のある人は多いはずだと改めて感じた。と同時に、以前読んだ本にあった「人は生きている限り使命がある」との言葉も思い出した▼先の歌手埋葬の日は奇しくも、5月27日に起きたピアウイ州の少女4人への暴行、強姦事件の公判の日だった。報道によると、生き残った少女3人は、供述を行うため、事件以来初めて揃い、互いに抱擁を交わすと共に涙に咽んだという。今も入院中の少女は友人が亡くなった事を知らず、他の2人が言葉を濁したというが、助かった少女の一人は、死んだふりをしたために頭部への投石を免れたともいう▼人の生死を分けるものが何であるかは知らない。テレビ番組の中では「守護天使」の言葉も出、「第2のチャンスを得た人は一様に、これまでとは違う目で自分の生き様や命の重さを考えるようになった」と語っていた。事故や事件に遭わずともすべての人が命を大切にする事を考える機会になればとも思いつつ、時が流れた。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任2018年5月17日 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任 ・マリス氏が家庭内暴力で同判事告発との記事を週末に出た雑誌が掲載した事が原因だ▼マリス氏は昨年12月に離婚したが、家庭内暴力は肉体的、精神的の両面に及んでいたという。同氏によると、17年10月には髪の毛を引っ張り、自宅の階段で引き倒した上、ナイフを持ち出して殺そうとさえしたが、 […]
  • 腰痛予防はロボットに学べ?!2018年5月15日 腰痛予防はロボットに学べ?!  「ズキッ!」――不気味な怪音が腰の内側から響いた。朝起きて洗面台で顔を洗っている時だ。そばにいた家内が「キャー、何、今の音」と叫ぶ声を聞きながら、気が遠くなるような感じでその場に座り込んだ。「ギックリ腰だ。またやってしまった…」と頭を抱えた。3年前のことだ▼20代のこ […]
  • PTはシロと手が組めるか?2018年5月11日 PTはシロと手が組めるか?  混戦と言われ、「誰が勝つかわからない」と言われている今年の大統領選だが、ここに来て、大きく動きつつあるとコラム子は見ている。有権者の動向でこそないが、少なくとも政界関係者の流れはシロ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)に向いている▼元々、この選挙はシロ氏には有利だと言われ […]