ホーム | コラム | 日伯コンサル奮闘日記 | 第38回 下を向いて歩こう!

第38回 下を向いて歩こう!

犬の散歩の様子(写真素材ぱくたそ、モデルLala)(https://www.pakutaso.com)

犬の散歩の様子(写真素材ぱくたそ、モデルLala)(https://www.pakutaso.com)

 私はブラジルに来るお客様や友人などに必ず、サンパウロでは上を向いて歩かずに、下を向いて歩くことをお勧めしている。それは2つの理由からだ。一つは、特にパウリスタ大通り周辺などはそうだが、セキュリティ面の問題である。初めてブラジルに来られた方はどうしても、キョロキョロと上を向いて歩いてしまう。
 地元の人は見慣れた風景なので、上を見ずに、下を向いてスタスタと歩いている。泥棒やスリには、誰がターゲットかは一目瞭然である。せっかく長時間のフライトに耐えて、サンパウロに来ているわけだが、背に腹はかえられないので、なるべく下を向いて歩くようにお願いをしている。
 もう一点もシビアな問題である。まさに地雷を踏むようなもので、これをしてしまうとどっと憂鬱になる。もうお分かりだと思うが、犬の糞である。サンパウロは今まさに、いたるところに、犬の糞あり、である。それだけ、犬を飼っている家庭が多いということだが、これは国の経済が発展し、個人所得が増えた証左だろう。
 私は1990年代後半から2000年代にかけての10年ぐらい、まさに怒涛のごとく成長する中国に毎月のように足を運んでいたが、その成長は目を見張るほどであった。明らかに女性の服装がカラフルになり、男性の恰幅が極めて良くなり、飲食店の店員の接客態度もマシになり、最後にペットを飼う人が増えていった。犬は食べるモノであった中国が、ペット大国へと変化していったのだ。
 ブラジルも、私が最初に来ていた1990年代初頭は、ほとんど街でペットを連れて歩いている人を見かけなかった。ブラジルは野良も含めて、犬や猫が少ないなあという印象を持っていた。
 ところが2000年ごろから来るたびに犬の散歩をする人の数が増えていき、この3年ぐらいは私がサンパウロで住んでいるアパートからオフィスまで20分程度歩いて通勤する間に、少なくとも10頭、多い日は20頭は散歩の犬たちを見る。
 7?8頭まとめて散歩をしているお兄さんもいる。それもそのはずで、国土地理院(IBGE)の2013年の調査では、約2890万世帯でペットが飼われていて、家庭内では子どもの数よりペットの数が多いらしい。ブラジル人二人に約1匹のペットがいる計算になるとのこと。
 日本でも1994年のバブル崩壊後にペットサークルの方々と犬向けの保険や家、メディアなどの開発をしたことがあるが、ペット市場は不景気に強く、その後も順調に伸びて、日本でも大きな産業に成長している。
 ブラジルの市場規模も調べてみると、2013年のペット用品とサービスの売り上げが約6000億円で、日本が2014年に4000億円弱だったので、すでに日本を追い抜いており、驚いたことにアメリカに次いで世界第2位にいつの間にかなっていた。さらに今も年間10%の勢いで伸びており、やはり不景気に強いことをブラジルでも実証している。
 ペットフードがやはり67%ぐらいを占めているが、病院、美容、保育などのサービスも順調に伸びているようだ。ペットの種類は約35%が犬で、次いで魚、猫、鳥と続く。しかし、今のところ、残念ながら日本企業の参入はないようだ。
 ブラジルも比較的袋を持って散歩をして、ちゃんと糞の処理をしている人が多いのがまだ救いだが、数が多いだけに放置される数も少なくない。昔、花の都パリに初めて行った時に、ペットの糞の多さにがっかりした記憶があるが、サンパウロもそうならないことを祈りたい。
 とにかく、サンパウロに初めて来られる方は、下を向いて歩くことをお勧めします。

輿石信男 Nobuo Koshiishi
 株式会社クォンタム 代表取締役。株式会社クォンタムは1991年より20年以上にわたり、日本・ブラジル間のマーケティングおよびビジネスコンサルティングを手掛ける。市場調査、フィージビリティスタディ、進出戦略・事業計画の策定から、現地代理店開拓、会社設立、販促活動、工場用地選定、工場建設・立ち上げ、各種認証取得支援まで、現地に密着したコンサルテーションには定評がある。  2011年からはJTBコーポレートセールスと組んでブラジルビジネス情報センター(BRABIC)を立ち上げ、ブラジルに関する正確な情報提供と中小企業、自治体向けによりきめ細かい進出支援を行なっている。14年からはリオ五輪を視野にリオデジャネイロ事務所を開設。2大市場の営業代行からイベント企画、リオ五輪の各種サポートも行う。本社を東京に置き、ブラジル(サンパウロ、リオ)と中国(大連)に現地法人を有する。

こちらの記事もどうぞ

  • 第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩2015年10月24日 第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩  ブラジル南部サンタカタリーナ州のジョインビリ、ブルメナウ、フロリアノポリスの3都市を市場調査で回ったが、ブラジルはやはり広い。ヨーロッパ、特にドイツ風の街並み、白人比率の高さ、街の清潔さ、オーガナイズされた雰囲気がある。 […]
  • 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?2015年8月8日 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?  いよいよというか、ついにリオデジャネイロ五輪まで1年を切った。リオに行く機会も増えてきたが、相変わらず国内線は高い。早めに航空券を予約しようと思うのだが、結局ギリギリにサンパウロからの移動が決まる。 今回も航空券が高いので深夜バスで行ったが、最近は夕方に出て深 […]
  • 第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧2015年10月10日 第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧  なかなか予定が立たないブラジルという話を何度か書いてきたが、大いに予定を狂わされるものの一つで、今の日本では信じられない、われわれにはどうしようもできないのが、ブラジルのストライキ(以下スト)である。今週もなんと銀行職員のスト。ATMは動いているものの窓口は閉まっている。企業 […]
  • パラー州のトメアスー移住地で、試行錯誤の結果に始められたアグロフォレストリー(森林農法)の畑2015年7月11日 第35回 ブラジルでのビジネス成功のお手本は身近に!  会合や宴席、取材などで、日系一世ですでにリタイアされた方にお会いする機会が時々あるが、みなさんお元気で、バイタリティに溢れ、お話も面白く、個性が強く、圧倒されることが多い。 よくよく考えると、それもそのはずで、ほとんどの方々が事業主であり、分野は様々だが、この […]
  • レストランバー「HOOTERS」2015年7月18日 第36回 不景気のブラジルで生き残る外食ビジネスとは?  私が日本に帰国している間に、コンサルタント会社のサンパウロ事務所が入っているビル(パウリスタ大通りに面したビルのすぐ裏手で領事館の近く)の隣の店舗の改装が終わり、新しい店が出来たと聞いて楽しみに帰ってきた。 景気が落ち込み、飲食店の売上も軒並み10?30%落ち […]