ホーム | コラム | 樹海 | 広がる南伯のニッポン

広がる南伯のニッポン

 南伯ポルトアレグレ市の日本祭りが年々大きくなってきている(本日付7面)。コラム子が訪れた初回は約1万7千人。それが4回目の今年は7万人だというから約4倍になっている。ブラジル最大の日系イベント『県連・日本祭り』が今年15万人だから、かなりの規模に成長したといえる。もちろん、同市開催のイベントでは最大級だ▼援協所有の不動産で、日本語学校を運営するために設立された文協。ささいなことから両者の関係がこじれコロニアを二分するほどの問題となった。これを解決すべく始まったわけだが、婦人会、青年会も加わり、そんな発端を忘れさせるほどの盛り上がりだ。小さなコロニアだけに会員が複数団体に関わっている。こじれればややこしいが、結束すれば強い▼予算を組まず、関係業者への支払いなども終了後に清算する形でやっている。多くのボランティアがはせ参じ、会場となる軍警学校は無料提供。皆の協力があって成り立っている。来場者増を受け、来年は会場変更も検討されている。ルアネー法の申請はじめ、運営をプロの業者に任せる意向も強いという▼地元政府の熱意も大きい。初回にあわせて「日本移民の日」を制定するほど市が協力しており、今月の商議所昼食会ではサルトリ同州知事が日本企業誘致を呼びかけた(本日付け6面)。おりしも来年は、南伯日本移民入植60周年、同祭は5回を迎える。市は北陸新幹線で活気づく金沢市、州は滋賀県と姉妹提携を結ぶ。今年3月には、有志が「金沢友の会」を発ち上げている。規模拡大とともに、経済、文化交流も強まればいい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中2015年8月22日 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中  リオグランデ・ド・スール州ポルト・アレグレ市の軍警学校で『第4日本祭り』(日野原ペドロ実行委員長)が15、16の両日に開催された。イタリア、ドイツ系が多い同市では、日本文化を愛 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル改正労働法》「訴訟体質、簡単に変わらない」2017年9月12日 《ブラジル改正労働法》「訴訟体質、簡単に変わらない」  「『オレをクビにしてくれ』と言って来た労働者の申し出を断ったら、不服に思ったらしく、組合に入れ智慧をされたのか、いわゆるサボタージュを始めた。わざとかどうかは知らないが、怪我までして何カ月も仕事をしないでINSSをもらいながら居座り続けるケースも。その後も職場内に仲間 […]
  • 《ブラジル》ジャノー長官を襲う大どんでん返し2017年9月11日 《ブラジル》ジャノー長官を襲う大どんでん返し  「大どんでん返し」がジャノー連邦検察庁長官を襲っている。  検事の一人がスネに傷を持つ大物企業家をスパイのように送り込んで極秘の会話を録音させ、大統領を告訴する材料を得る代わりに、その企業家の懲役2千年分を免罪する――そんな密約をほのめかす録音が今週公開され、大変な […]
  • 白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に2017年9月7日 白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に  8月29日昼過ぎ、サンパウロ市のパウリスタ大通りを通るバスの中で、27歳の男性が通路側の椅子に座っていた23歳の女性の前で性器を取り出し、射精するという事件が起きた。この男性は翌日釈放されたが、9月2日もブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを通るバスの中で女性に性器を押し当 […]