ホーム | コラム | 樹海 | 広がる南伯のニッポン

広がる南伯のニッポン

 南伯ポルトアレグレ市の日本祭りが年々大きくなってきている(本日付7面)。コラム子が訪れた初回は約1万7千人。それが4回目の今年は7万人だというから約4倍になっている。ブラジル最大の日系イベント『県連・日本祭り』が今年15万人だから、かなりの規模に成長したといえる。もちろん、同市開催のイベントでは最大級だ▼援協所有の不動産で、日本語学校を運営するために設立された文協。ささいなことから両者の関係がこじれコロニアを二分するほどの問題となった。これを解決すべく始まったわけだが、婦人会、青年会も加わり、そんな発端を忘れさせるほどの盛り上がりだ。小さなコロニアだけに会員が複数団体に関わっている。こじれればややこしいが、結束すれば強い▼予算を組まず、関係業者への支払いなども終了後に清算する形でやっている。多くのボランティアがはせ参じ、会場となる軍警学校は無料提供。皆の協力があって成り立っている。来場者増を受け、来年は会場変更も検討されている。ルアネー法の申請はじめ、運営をプロの業者に任せる意向も強いという▼地元政府の熱意も大きい。初回にあわせて「日本移民の日」を制定するほど市が協力しており、今月の商議所昼食会ではサルトリ同州知事が日本企業誘致を呼びかけた(本日付け6面)。おりしも来年は、南伯日本移民入植60周年、同祭は5回を迎える。市は北陸新幹線で活気づく金沢市、州は滋賀県と姉妹提携を結ぶ。今年3月には、有志が「金沢友の会」を発ち上げている。規模拡大とともに、経済、文化交流も強まればいい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中2015年8月22日 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中  リオグランデ・ド・スール州ポルト・アレグレ市の軍警学校で『第4日本祭り』(日野原ペドロ実行委員長)が15、16の両日に開催された。イタリア、ドイツ系が多い同市では、日本文化を愛 […]
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提2017年5月12日 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提  11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世 […]
  • 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2017年5月9日 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「彼はこのエスケーマ(ペトロロン汚職のやり方)を全て知っていた。それどころか仕切っていた」――2015年3月に逮捕以来、ずっと否認を続けてきたペトロブラス元役員、レナト・ドゥッケ被告がこの5日、そう爆弾発言をした。長期勾留が堪え、司法取引をする気になって、急に口を開い […]
  • ブラジル日系社会のための井戸とは?2017年5月11日 ブラジル日系社会のための井戸とは?  サンパウロ市リベルダーデ区の静岡県人会館で7日、第5回橘和音楽祭が開かれた。保江氏が指導する歌唱部門の生徒や娘の早苗氏が教えるコーラスやシンセサイザーの生徒が、橘和ファミリーで組んだバンドやカラオケの演奏で練習の成果を披露。外部からの人も含め、参加者全員が1日中、音楽や交わり […]
  • 《ブラジル》汚職撲滅に最高裁の壁?=ラヴァ・ジャット作戦の今後に大きな懸念2017年5月4日 《ブラジル》汚職撲滅に最高裁の壁?=ラヴァ・ジャット作戦の今後に大きな懸念  メンサロン事件の主犯で、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)でも2度断罪されたジョゼ・ジルセウ元官房長官への人身保護令適用を、最高裁が2日に決めた▼メンサロン裁判の最中も賄賂を受け取り、刑務所を出れば犯罪を繰り返す可能性が高いとされて来た人物への同令適用は、今後のLJ捜査や裁判にも影 […]