ホーム | コラム | 樹海 | 広がる南伯のニッポン

広がる南伯のニッポン

 南伯ポルトアレグレ市の日本祭りが年々大きくなってきている(本日付7面)。コラム子が訪れた初回は約1万7千人。それが4回目の今年は7万人だというから約4倍になっている。ブラジル最大の日系イベント『県連・日本祭り』が今年15万人だから、かなりの規模に成長したといえる。もちろん、同市開催のイベントでは最大級だ▼援協所有の不動産で、日本語学校を運営するために設立された文協。ささいなことから両者の関係がこじれコロニアを二分するほどの問題となった。これを解決すべく始まったわけだが、婦人会、青年会も加わり、そんな発端を忘れさせるほどの盛り上がりだ。小さなコロニアだけに会員が複数団体に関わっている。こじれればややこしいが、結束すれば強い▼予算を組まず、関係業者への支払いなども終了後に清算する形でやっている。多くのボランティアがはせ参じ、会場となる軍警学校は無料提供。皆の協力があって成り立っている。来場者増を受け、来年は会場変更も検討されている。ルアネー法の申請はじめ、運営をプロの業者に任せる意向も強いという▼地元政府の熱意も大きい。初回にあわせて「日本移民の日」を制定するほど市が協力しており、今月の商議所昼食会ではサルトリ同州知事が日本企業誘致を呼びかけた(本日付け6面)。おりしも来年は、南伯日本移民入植60周年、同祭は5回を迎える。市は北陸新幹線で活気づく金沢市、州は滋賀県と姉妹提携を結ぶ。今年3月には、有志が「金沢友の会」を発ち上げている。規模拡大とともに、経済、文化交流も強まればいい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中2015年8月22日 年々増大、今年は7万人=ポルトアレグレ日本祭り=ガウーショもニッポンに夢中  リオグランデ・ド・スール州ポルト・アレグレ市の軍警学校で『第4日本祭り』(日野原ペドロ実行委員長)が15、16の両日に開催された。イタリア、ドイツ系が多い同市では、日本文化を愛 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?2018年5月22日 ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?  本紙2面の19日付記事『本当の失業率は過去最悪=就職断念者入れれば約25%=「政府の雇用改善宣言は欺瞞」』を読んで、思い出した。 […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任2018年5月17日 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任 ・マリス氏が家庭内暴力で同判事告発との記事を週末に出た雑誌が掲載した事が原因だ▼マリス氏は昨年12月に離婚したが、家庭内暴力は肉体的、精神的の両面に及んでいたという。同氏によると、17年10月には髪の毛を引っ張り、自宅の階段で引き倒した上、ナイフを持ち出して殺そうとさえしたが、 […]