ホーム | コラム | 日伯コンサル奮闘日記 | 第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ①

第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ①

 日本でブラジルのことを説明するのは極めて難しい。さすがにこの数年、日本のメディアでもブラジル経済のことが取り上げられるようになってきて、サンバ、サッカー、アマゾンといったステレオタイプな見方は少なくなってきた。最近は危険(治安)・不景気・五輪の開催可否と言ったところか…。
 どちらにしても、一からブラジルのことを説明しなくても良くなって、経済規模は意外と大きいよね、とかアマゾンには健康にいいフルーツがたくさんありそうだよねとか、汚職がすごいみたいだねといったところまでは、割とキャッチアップしている人も多く、「ブラジルでこんなのが今流行っているんだってねぇ!」と、時々私が知らないようなことを教えてくれる人もいる。
 ブラジルが徐々に身近になってきて、嬉しい限りだが、これに一歩ビジネスが絡んでくると途端に事情が変わり難しくなってくる。ブラジル特有で、他国ではあり得ない、常識的には考えられない、ビジネスをする側からしたら『不都合な真実』が、大きな壁として立ちはだかる。
 あまりに荒唐無稽で、進出する企業にとっては非常に厳しい環境のため、説明する我々が嘘を言っていると思われたり、聞いている方も冗談を言ってからかわれているのではないかと思ってしまう。こちらは大真面目に本当のことを言っているだけで、何も悪いことはしていないのに、言われている側の気持ちもわかるため、ブラジルの代わりに謝ったりしてしまったり…。
 まず最初の頻繁にある不都合な真実は、「荷物は簡単に送れない!?」。企業がブラジルに進出しようと思い立ち、まずは展示会にでも出て反応を見たいと。当然のことである。で、「ちょっとサンプルを送るから、おたくの事務所で受け取ってくれる?」と頼まれていつも困る。
 一応郵便局からEMSも送れるし、FEDEXもOCSも対象国に入っているので、当然普通に送れると考えて当たり前だ。しかし実際には、書類などの一部例外を除いて、商品カタログなどの印刷物から商品サンプルまで、ほとんどが開封されて、個人宛で500ドル以下の生活に必要な物以外は、関税を払わないと受け取れない。いや、正確に言うと、受け取れない可能性がある。
 なぜなら、担当者が眠かったのか、デートのために早く帰りたかったのか、しゃべりながらやって話が盛り上がったためか、たまたま見逃してスルーして入ってしまうことがある。これが、違う意味で困る。今度はこちらが嘘つきになってしまう。
 さらに不都合なのは、企業の場合は、「では前もって、もし止められたらいくらぐらい払うか申請をしておくから見積もりをください」と言われることだ。担当者もわけのわからない話ながら、こちらのことも理解してくれて最大限譲歩して言ってくれているのがわかるだけに、ここでまた頭を抱える。
 「税関担当者のその時の判断(気分)で、金額が変わりますので、今なんとも言えません」と正直に言うと、「ちょっと、ちょっとバカにしないでくださいよ、そんなはずはないでしょ。だって国がやっているんでしょ? とりあえず、おおよそでいいので見積もり金額を出してくださいよ」となる。これも極めて常識的なコメントであると思う。
 結局無理して見積もりを出したりして、実際にかかる金額が分かった時に、高く出しすぎていると「本当にブラジルのことがわかっているんですか?」と言われ、安く出しすぎていると「この差額はどうしてくれるんですか」と。本当に不都合な国である。(つづく)

輿石信男 Nobuo Koshiishi
 株式会社クォンタム 代表取締役。株式会社クォンタムは1991年より20年以上にわたり、日本・ブラジル間のマーケティングおよびビジネスコンサルティングを手掛ける。市場調査、フィージビリティスタディ、進出戦略・事業計画の策定から、現地代理店開拓、会社設立、販促活動、工場用地選定、工場建設・立ち上げ、各種認証取得支援まで、現地に密着したコンサルテーションには定評がある。  2011年からはJTBコーポレートセールスと組んでブラジルビジネス情報センター(BRABIC)を立ち上げ、ブラジルに関する正確な情報提供と中小企業、自治体向けによりきめ細かい進出支援を行なっている。14年からはリオ五輪を視野にリオデジャネイロ事務所を開設。2大市場の営業代行からイベント企画、リオ五輪の各種サポートも行う。本社を東京に置き、ブラジル(サンパウロ、リオ)と中国(大連)に現地法人を有する。

こちらの記事もどうぞ

  • 第30回 リオで日本語を学ぶ未来のシンパ2015年6月6日 第30回 リオで日本語を学ぶ未来のシンパ  リオデジャネイロで、日本語を学んでいる十数名のブラジル人と会って話す機会があった。年齢的には22歳から28歳ぐらいの若者で、すべて非日系人である。さらに7割がリオデジャネイロ連邦大学か州立大学の学生だった。 ほとんどの人たちが、日本語を学ぼうと思った最初のきっかけはやはり […]
  • 第32回 不況のブラジルに必要なパラダイムシフト2015年6月20日 第32回 不況のブラジルに必要なパラダイムシフト  最近、人に会うと必ずブラジルの経済悪化の話題になる。GDPがマイナスに向い、自動車販売が、不調だった前年をさらに割り込み、ついにはブラジル人にとって鉄板と思われていた飲食業までが大幅に落ち込んでいる。 一方、公定歩合が上がり続ける中で、お金持ちの資産が膨らみ、富裕層の消費 […]
  • 第17回 経営戦略欠如では勝てないブラジル ①2015年2月14日 第17回 経営戦略欠如では勝てないブラジル ①  前回のコラムにてブラジルでの営業の難しさを述べたが、営業が難しいということは、イコール経営が難しいということである。要するに、ブラジル市場に合わせた戦略が必要になるのだが、日本企業の本社はそこがなかなか理解できず、同じ失敗を繰り返す。よく「経営とは、小さく産んで大きく育て […]
  • 第10回 1年の計(税)は前年末にあり。2014年12月20日 第10回 1年の計(税)は前年末にあり。  いよいよクリスマスシーズンとなり、今年も残りあとわずか。企業にとって日本は3月が年度末のところが多いが、ブラジルは一律で12月末までとなる。会計も今月で2014年度を締めなければならないが、同時に来年の計画を立てる、もしくは数字を予測しなければならない。ブラジルの場合は、 […]
  • 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?2015年8月8日 第39回 心配が絶えない五輪を楽しむには?  いよいよというか、ついにリオデジャネイロ五輪まで1年を切った。リオに行く機会も増えてきたが、相変わらず国内線は高い。早めに航空券を予約しようと思うのだが、結局ギリギリにサンパウロからの移動が決まる。 今回も航空券が高いので深夜バスで行ったが、最近は夕方に出て深 […]