ホーム | コラム | 樹海 | 理解も納得もできないこと

理解も納得もできないこと

 ブラジルと日本の文化の違いは大きい。そんな考え方、捉え方をするのか―と考えさせられることが多いのだが、理解はできるが納得はできないものもある。そして理解不能なことも多い。どういう理屈で成立しているのだろう…と考え込んでしまったりする▼夜の10時過ぎ。食事も終え就寝前にリラックスした気分で読書を楽しんでいた。突如、窓ガラスがびりびりするほどの大音響が鳴り響き出した。車のスピーカーではなく、カーニバルの山車から流れるレベルである。何事かとベランダに出てみると、近隣住民も窓から身を乗り出している▼走り去ることなく、数十分鳴り続けた音楽は挙句、パラベンスに変わった。つまり、どこかの住人が誕生日を迎え、それを祝う人が業者を雇い、路上でお祝いのフェスタをやらかす「Disk mensagem」というのものだ。祝いたい、友達を驚かせたい気持ちは分かる。しかし「???」が頭の中に渦巻く▼周りの住民もさすがに、微笑みながら一緒にパラベンスを歌わない。明らかに迷惑がっている。誕生日を迎えた人は、嬉しいのだろうか。日本人だったら有難迷惑どころか怒るのでは。だが、喜ぶのだからこの商売が成立するわけだ。疑問なのは、ご近所さんとの関係…いや、そんなことを気にするようなら話はない▼そういえば、下町や田舎では、「おめでとう!愛してるよ◎◎」と書かれた写真入りの横断幕が道路にかかっていたりする。これは微笑ましいといえるが、やはり心理は分からない。ブラジル人を心底理解するのは難しい…そんなことを考えていたら、読書どころではなくなってしまった。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 政治批判を受け止めたリオのカーニバル2018年2月16日 政治批判を受け止めたリオのカーニバル  14日に行なわれた、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの採点結果発表で画期的な出来事が起こった。政治批判を行なって物議を醸したエスコーラ、ベイジャ・フロールが優勝、パライゾ・ド・ツイウチが2位となったのだ▼今回のリオのパレードがこうした内容になるこ […]
  • カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!2018年2月9日 カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!  今週から来週にかけて、ブラジルでは、最も有名なリオをはじめとしたカーニバルの週間だ。コラム子がブラジルに来て住みはじめたのは2010年4月のことだが、この季節を体験するのも8回目。既に自分にとってもおなじみのものとなっている▼ただ、日本からやってきた身として毎度思うこ […]
  • 自分の基準を全ての人に適用してはならない2018年2月15日 自分の基準を全ての人に適用してはならない  カーニバルにはサンバ熱でフィーバー(Febreの事、熱狂)するブラジル。だが、例年は近くのチームが地下鉄ヴィラ・マチウデ駅の脇で行うパレードを見に行く息子も、今年は体調が優れず、友人の家に行くに止まったし、親二人は夏風邪で39度台のフィーバーで苦しんだ▼コラム氏は11日、主人 […]
  • 《ブラジル》孫悟空の輪っかと電子足輪2017年8月22日 《ブラジル》孫悟空の輪っかと電子足輪  数年前、カーニバル観光に来た若い日本人女性から「リオの地下鉄で足首に携帯蚊取り線香を付けていたら、満員なのに私の周りだけガラガラ。どうやら蚊取り線香を電子足環と勘違いしたみたいなんです」と聞いて大笑いした。 […]
  • 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本2017年12月6日 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本  「画文集を出すなんて、初めてで最後だな」と謙遜しながら、恥ずかしそうにほほ笑むのは田中慎二さん(82、福岡県)。この『アンデスの風』(146頁)は、1950年代のスケッチから新聞の風刺画、本の表紙やイラスト、最近のアクリル画まで200点以上が網羅された「作品で見る自伝 […]