ホーム | コラム | 樹海 | 理解も納得もできないこと

理解も納得もできないこと

 ブラジルと日本の文化の違いは大きい。そんな考え方、捉え方をするのか―と考えさせられることが多いのだが、理解はできるが納得はできないものもある。そして理解不能なことも多い。どういう理屈で成立しているのだろう…と考え込んでしまったりする▼夜の10時過ぎ。食事も終え就寝前にリラックスした気分で読書を楽しんでいた。突如、窓ガラスがびりびりするほどの大音響が鳴り響き出した。車のスピーカーではなく、カーニバルの山車から流れるレベルである。何事かとベランダに出てみると、近隣住民も窓から身を乗り出している▼走り去ることなく、数十分鳴り続けた音楽は挙句、パラベンスに変わった。つまり、どこかの住人が誕生日を迎え、それを祝う人が業者を雇い、路上でお祝いのフェスタをやらかす「Disk mensagem」というのものだ。祝いたい、友達を驚かせたい気持ちは分かる。しかし「???」が頭の中に渦巻く▼周りの住民もさすがに、微笑みながら一緒にパラベンスを歌わない。明らかに迷惑がっている。誕生日を迎えた人は、嬉しいのだろうか。日本人だったら有難迷惑どころか怒るのでは。だが、喜ぶのだからこの商売が成立するわけだ。疑問なのは、ご近所さんとの関係…いや、そんなことを気にするようなら話はない▼そういえば、下町や田舎では、「おめでとう!愛してるよ◎◎」と書かれた写真入りの横断幕が道路にかかっていたりする。これは微笑ましいといえるが、やはり心理は分からない。ブラジル人を心底理解するのは難しい…そんなことを考えていたら、読書どころではなくなってしまった。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫2017年2月21日 リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫  杉山欣也金沢大学教授の人文研研究例会(21日付7面で詳報)には、考えさせられるところが多かった。27歳だった三島由紀夫が選んだ最初の世界旅行(1951年12月から半年間)の主要訪問地がリオ、ローマ、アテネだったからだ。生涯に3回も世界旅行したとはいえ、初回こそ一番行きたい […]
  • 最高裁、おまえもか?2016年12月9日 最高裁、おまえもか?  気になる妙な動きが二つ、立て続けに起きた。4日のパウリスタ大通りのデモに関して軍警が発表した参加者人数と、7日の最高裁大法廷〝玉虫色〟判決だ▼パウリスタ大通りのデモ参加者数を軍警が「1万5千人」と過少発表したのは実に腑に落ちなかった。今年8月までは、実際に現場を見た感じで […]
  • 【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開2017年1月6日 【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開  10年余り前、まだサンバチームで打楽器を叩いていた頃、カーニバル前になると夜通し行われるバイロ(地区)のフェスタにバテリア(打楽器隊)の一員として招待され、時々、演奏していた。あるとき、サンパウロ市モッカ区の公道を通行止めにして舞台を作り、本格的な音響機材をそろえた深 […]
  • もしルーラの妻が司法取引に応じたら…2016年3月19日 もしルーラの妻が司法取引に応じたら…  ルーラは庶民の心に響く言葉を紡ぎ出す天才だ。野党時代の彼が88年に言った名言「貧乏人が盗めば刑務所だが、金持ちなら大臣になる」が先週から、皮肉を込めて見直されている。連邦警察から逃げるように17日、慌しく官房長官として入閣したからだ。これでジウマがいつ大統領罷免されても、第3 […]
  • 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」2016年7月12日 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」  「お疲れさま!」――県連日本祭りの裏方を務めたみなさんに、今年も心からそう言いたい。県連役員はもちろん、各県人会や婦人会、青年部、そして出展者、ボランティアのみなさんにだ。数千人が準備に関わり、1年がかりで積み重ねた打ち合わせ、会議、連絡の成果が、この3日間に花開いた▼同じ会 […]