樹海

 コロニアの食に関する疑問のうち、「なぜ魚の干物がないのか」の答えが見いだせていない。灼熱の下の重労働なのに、バカリャウ(鱈)の塩漬けで茶漬けばかり啜って栄養失調になったとか、刺身ほしさに豚の脂身を薄く切って食べたとかの話を聞いたことがある。なんとも日本人の魚に対する強い思いを感じたものだ▼一説には、水産業者に干物を食べる習慣のない沖縄移民が多かったという説がある。ただ需要があれば作るだろう。漁業組合もあった。もちろん、家庭で作る人は今でもいるし、たまに店頭で見かけることもある。しかし二、三世で「干物が大好き!」という人に会ったことがない。全員に聞いているわけではないのでなんとも言えないが▼アマゾンにはピラクイという魚粉が一般に売られており、乾物屋には様々な種類がある。元々は現地のものだが、日本移民もこれを大いに利用したという。味噌汁の出汁に使ったり、ふりかけのようにしたり。とはいえ、日系人の家庭に必ずあるものではないようだ。魚の凝縮した旨味を楽しむのは、どうも移民世代で終わりらしい▼しかし、である。リオ、それもブジオスで干物を作り始めると読んで驚いた(10日付け6面)。記事によれば、食べ方を提案するところから始めるという。蛮勇と言ってもいい、開拓移民のような意気込みだ。ブジオスといえば、銅像が立っているようにフランスの女優ブリジット・バルドーが足しげく訪れたことで、世界的に有名になったリゾート地でもある。おしゃれなレストランも多い。そこから干物が広まるなんて、考えただけで愉快だ。今後の展開に期待したい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い2015年9月10日 リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い  NPO法人「地球の心・日本」の代表を務める元ブラジル移民の伊藤修さんらが、リオ州ブジオス市の漁港振興や雇用の創出を狙い、同地で干物産業を始動させた。 「地球の心・日本」は、環境 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日伯関係の大変化を予感させた夜2017年7月25日 日伯関係の大変化を予感させた夜  下地幹郎衆議院議員(日本維新の会)による四世ビザ説明会からの帰り道、「日伯関係の大変化を予感させる一晩だった」としみじみ感じた。別室での記者会見で下地衆議に「票にもならない日系人のことを、どうしてそんなに一生懸命やってくれるのか?」と単刀直入に聞いたのに対し、思いもか […]
  • 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ2017年7月21日 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ  「四世ビザ」は、今後50年の日系社会、いや日伯関係を左右する最重要なテーマではないか。1990年6月、日本法務省が入国管理法を改正し、二、三世への在留条件を緩和したのに匹敵する衝撃を、日系社会に与えるかもしれない。  とはいえ、それ以前に気になっている四世のビザの問 […]
  • 歌やピアノと数学、語学2017年7月20日 歌やピアノと数学、語学  ひょんな事で数学(算数)の教師が足りないから手伝ってと頼まれ、1年余り。微分積分、三角関数など、さび付いた頭を磨き直しながらの時間は楽しい。大学1年の夏休みに帰省した折、母校の教師に頼まれて音大志望の後輩に教えたのも数学だった▼数学を教えて気づく事の一つは、日頃から訓練してい […]