樹海

 コロニアの食に関する疑問のうち、「なぜ魚の干物がないのか」の答えが見いだせていない。灼熱の下の重労働なのに、バカリャウ(鱈)の塩漬けで茶漬けばかり啜って栄養失調になったとか、刺身ほしさに豚の脂身を薄く切って食べたとかの話を聞いたことがある。なんとも日本人の魚に対する強い思いを感じたものだ▼一説には、水産業者に干物を食べる習慣のない沖縄移民が多かったという説がある。ただ需要があれば作るだろう。漁業組合もあった。もちろん、家庭で作る人は今でもいるし、たまに店頭で見かけることもある。しかし二、三世で「干物が大好き!」という人に会ったことがない。全員に聞いているわけではないのでなんとも言えないが▼アマゾンにはピラクイという魚粉が一般に売られており、乾物屋には様々な種類がある。元々は現地のものだが、日本移民もこれを大いに利用したという。味噌汁の出汁に使ったり、ふりかけのようにしたり。とはいえ、日系人の家庭に必ずあるものではないようだ。魚の凝縮した旨味を楽しむのは、どうも移民世代で終わりらしい▼しかし、である。リオ、それもブジオスで干物を作り始めると読んで驚いた(10日付け6面)。記事によれば、食べ方を提案するところから始めるという。蛮勇と言ってもいい、開拓移民のような意気込みだ。ブジオスといえば、銅像が立っているようにフランスの女優ブリジット・バルドーが足しげく訪れたことで、世界的に有名になったリゾート地でもある。おしゃれなレストランも多い。そこから干物が広まるなんて、考えただけで愉快だ。今後の展開に期待したい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》2018年9月18日 《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》  《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》(天野まゆみ)―第70回全伯短歌大会の折、「コロニア短歌らしかぬ空想科学小説(SF)的な作品だ」と首をひねっていたら、選者の上妻博彦さんが鑑賞批評の中で「なんと現代的な短歌かと思っていたら、孫の作品でした。私が短歌 […]
  • 急に「日本の誇り」と言われても2018年9月14日 急に「日本の誇り」と言われても  9日にテニスの世界4大大会(グランドスラム)のひとつ、全米オープンを、日本人の母親を持つ大坂なおみ選手が優勝したことに日本中が沸いた。もちろん、コラム子も喜んだが、同時に日本人のあまりのお祭り騒ぎぶりにちょっと複雑な気持ちを抱いた▼個人的なことで恐縮だが、コラム子には […]
  • 富重久子氏の選者退任に思う2018年9月13日 富重久子氏の選者退任に思う  12日付弊紙を見て、文芸欄(4面)に掲載された富重久子氏の「(ニッケイ俳壇)選者退任のご挨拶」に気づいた人も多いだろう▼夫の富重かずま氏が亡くなられた後、「もっと若い方に譲りたい」と繰り返し言いつつも、ずっと、俳壇選者の重責を負ってくれた。ひょんな事で同氏と同欄担当者との間の […]
  • 独立200周年記念の記念モニュメント建設を2018年9月11日 独立200周年記念の記念モニュメント建設を  暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そ […]