ホーム | コラム | 樹海 | ラーメン戦争、勃発か?!

ラーメン戦争、勃発か?!

 紙面とは別に本紙では、サイトやフェイスブック、ツイッターなどでもニュースをお伝えしている。ブラジル在住の方であれば、コロニア、翻訳面が気になるだろうし、日本の読者であれば、サッカーや経済に興味が傾く。今までにないアクセスを集めたのが19日付けの「日本では食べられない! すき家がラーメンを開始」の記事。ちょっとガックリしながらも国民食ラーメンへの関心の高さを感じた▼リベルダーデにも数軒専門店がある。モジ、クリチーバやロンドリーナなど地方都市にもあり、裾野は広がっているようだ。「すき家」では現在2店舗のみだが、いずれは全店で提供するよう。一気にラーメン最大手になるわけで、今後の展開が楽しみだ▼「クーリエ・ジャパン」という雑誌があり、世界中のメディアの翻訳記事を紹介している。それぞれの国の事情や見方が分かって面白いので愛読しているのだが、世界「ご当地ラーメン」というコーナーがある。ラーメンの魅力に取りつかれた非日系人らが、とても研究熱心に、こだわりを持って味を作りだしている。アメリカ、ヨーロッパ、アジアでそれぞれのラーメン文化が花咲き始めている▼これに比べると、ブラジルのラーメンには思いや熱意が足りない気がする。そこまでブームが来てないのもあるのだろうが、ラーメン好きで今の状態に満足している人はいないのではないか▼九州発祥の有名ラーメン店がリベルダーデに開店するとの噂もある。「ラーメン戦争」の勃発、大いに結構。競争することで質の向上と普及を期待したい。ブラジル人のこだわりラーメンも食べてみたい。(剛)

こちらの記事もどうぞ

  • 日本では食べられない!=すき家がラーメンを開始2015年9月19日 日本では食べられない!=すき家がラーメンを開始  大手牛丼チェーン店の「すき家」が、先月からラーメンの取り扱いを始めた。1杯13レからという低価格を実現。11月末までに聖市の全店舗で提供する予定だ。日本のメニューには無い商品で […]
  • 一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長2015年5月12日 キリン一番搾り発売1周年=日伯120周年の記念ラベルも  ブラジルキリン(ジーノ・ディ・ドメニコ社長)が5日、聖市内レストラン新鳥でキリン一番搾りの「外交樹立120周年」を記念したデザインラベルの発売、及びブラジルでの製造・販売1周年の記念パーティーを行った。関係者ら91人が出席した。 両国の国旗と野球、サッカーなどの文化をモチ […]
  • フード・トラックで郷土食を2015年8月13日 フード・トラックで郷土食を  5年前、道端の古びたフード・トラックでパステルとさとうきびジュースを買い、2回も腹を下した。フード・トラックとは後部座席を台所に作り変え、道端で食事を販売する移動型屋台のことだ。後からブラジル人の友人に「不衛生だから自分は買わない」と注意され、確かに日本育ちの […]
  • 伯国初? 讃岐うどん店2014年10月16日 伯国初? 讃岐うどん店  「会社の近くにあったら週一回通いたい」と同僚から聞き、さっそく讃岐うどん店「Meu Gohan」(7面詳報)を訪れた▼店主・水本良夫さんの職人的こだわりが随所に感じられる店で、自家製ブレンドの小麦で作った手打ち麺と、日本から原料を取り寄せて作った風味の良いスープに大満足で […]
  • サンベルナルドの名物レストラン、67年の歴史に幕2016年1月8日 サンベルナルドの名物レストラン、67年の歴史に幕  1949年、サンパウロ市郊外ABC地区サンベルナルド・ド・カンポ市を通って、狩りに出ていた猟師達はよく、狩りへの道すがら、サンタ・デマルシさんに「狩りの帰りに食事がしたいんだけど、鶏を絞めて昼飯を用意しておいてくれないかな」と声をかけた。 家の庭で育てられた鶏はハーブで味付け […]