ホーム | 日系社会ニュース | プロ野球ドラフト会議=仲尾次オスカル、広島へ=ブラジル勢、2年連続指名
仲尾次投手(ホンダのサイトより)
仲尾次投手(ホンダのサイトより)

プロ野球ドラフト会議=仲尾次オスカル、広島へ=ブラジル勢、2年連続指名

 日本の社会人野球チーム「ホンダ」に所属する仲尾次オスカル正樹投手(24、二世)が22日、プロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから6位指名を受けた。ブラジル人への指名は昨年、楽天から4位指名を受けたルシアノ・フェルナンド外野手に続き2年連続。
 仲尾次投手は1991年、聖市生まれ。98年に市内のジガンテ野球クラブに入団し、本格的に野球を始める。04年から聖州イビウナのヤクルトアカデミーに入学。その後5年間みっちりと野球を学んだ。
 08年にカントリーキッズ高校を卒業後、国内外での成績が評価され09年の第53回パウリスタ・スポーツ賞を受賞。同年4月に白鴎大学へ進学する。12年の4年次にはプロ志望届を提出するが、指名漏れとなりホンダへ入社した。
 2013年の第3回WBCではブラジル代表に選出され、日本戦に7回から3番手として登板。1回1/3を2安打3失点(自責3)で敗戦投手となった。
 幼少期を知るパウリスタ野球連盟の沢里オリビオ会長は、「小柄ながら優れた投手だった。ヤクルトアカデミーに入ってからは体つきも大きくなって、たくましい印象を覚えた。左利きでコントロールが良く、大学時代は23勝11敗だった」という経歴を紹介した。
 「来年のWBCに向けて期待している。ブラジルのエースとしてさらに成長してほしい」とエールを送った。


□関連コラム「大耳小耳」□

 仲尾次オスカル投手のドラフト指名は日本でも話題になっているよう。野球専門誌フルカウントは「3度目の正直、広島が6巡目で指名」とし、過去2度あった指名漏れの経歴を紹介している。ちなみに昨年、ドラフト4位で楽天に入団した伯人のルシアノ・フェルナンド外野手は39試合に出場し、1割9分2厘という成績で今季の全日程を終えている。1年目の新人としてはまずまずか。両者の直接対決も待ち遠しい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■人探し■2019年4月17日 ■人探し■  近畿自動車道紀南高速事務所の石橋樹主事が、聖州カフェランジア市在住と見られる四宮トミさんの消息を探している。  四宮さんは1915年5月10日生まれで、存命なら103歳。夫は、利幸さん。本籍地は、和歌山県西牟婁郡すさみ町里野877番地だ。  近畿自動車道紀南高速事務所では […]