ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル音楽の普及に貢献=渡辺貞夫さんに勲章授与

ブラジル音楽の普及に貢献=渡辺貞夫さんに勲章授与

 【共同】ジャズサックス奏者の渡辺貞夫さん(82)が、ブラジル政府の「リオ・ブランコ国家勲章」を受章し、東京都渋谷区のブラジル大使公邸で19日、授与式が開かれた。
 渡辺さんの左胸に勲章を着けたコレアドラゴ大使は「ブラジル音楽の普及に大きな役割を果たしてくれた」とあいさつ。渡辺さんは「1968年に初めてブラジルに行き、現地のミュージシャンと演奏してすっかりはまってしまった。素晴らしい出会いが僕の音楽生活を充実したものにしてくれた」と笑顔で語った。
 授与式で渡辺さんは、ブラジルで愛されている名曲「カリニョーゾ」など2曲を披露し、つややかな音色を響かせた。
 同勲章は外交分野で功績が顕著だったブラジル人と外国人に贈られる。これまでにボサノバ歌手の小野リサさんやサッカー元日本代表のラモス瑠偉さんらが受章している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今月上旬にはサンタカタリーナを訪れ、ライムンド・コロンボ知事(左)と会談した(州政府提供)2015年7月16日 外交120周年=梅田大使、各知事と対談=リオでは月末に音楽祭  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯大使)は8日午後、在聖総領事館で第7回会合を行ない、記念事業に関する状況を確認し、会議後に梅田大使らが取材に応じた。 花火祭り(9月12日、聖市インテルラゴス)はコシノ・ジュンコ氏演出のもと、約45 […]
  • クリチーバ総領事館=日本地方文化音楽祭を開催=東日本大震災の伯支援に感謝2011年12月21日 クリチーバ総領事館=日本地方文化音楽祭を開催=東日本大震災の伯支援に感謝 ニッケイ新聞 2011年12月21日付け  在クリチーバ日本国総領事館(山口登総領事)は11月20日、パラナ州工業連盟(FIEP)講堂で日本地方文化音楽祭を開催し、訪れた400人の来場者は日本各地の様々な音楽に親しんだ。 […]
  • 飯田さん(左)と、友人の中森紳介・広島県人会副会長2014年6月27日 ■ひとマチ点描■子どもにブラジル音楽を=飯田茂樹さん(56、静岡)  「ブラジルのことや日系人をもっと知りたい。それが子どもに伝えるためのエネルギーになる」。日本で民族音楽を教える合間、ナタルで開かれたサッカー日本代表戦を観戦するため、23年ぶりに当地を訪れた。 クラシックピアノを嗜んでいた飯田さんは、大学卒業後にインドネシアのバリ島に音楽 […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 急死したジャイール・ロドリゲス(CPFL Cultura)2014年5月9日 Jロドリゲスが急死=60年代のMPB大物歌手  60年代のエリス・レジーナとの共演などで知られる歌手、ジャイール・ロドリゲスが8日、聖州コチアの自宅で急死した。8日付伯字紙サイトが報じている。 1939年聖州イガラパーヴァ生まれのジャイールは50年代末から歌手活動を開始。62年のサッカーW杯チリ大会のテーマソングとなっ […]