ホーム | 日系社会ニュース | 初の手巻き寿司コンクール=各支部が工夫、味の競演=ピラール支部が見事優勝

初の手巻き寿司コンクール=各支部が工夫、味の競演=ピラール支部が見事優勝

最後に絆寿司をまいて団結心を高めた皆さん

最後に絆寿司をまいて団結心を高めた皆さん

 農協婦人部連合会(ADESC、西村千世子会長)が年末の会議、忘年会を兼ねて「第1回手巻き寿司コンクール」を開催した。8支部が各地の特産物の野菜等を活かした独自のネタを3つずつ用意して味を競い、ピラール・ド・スル支部が見事に審査員、部員互選共に優勝を飾った。

 ヴァルゼン・グランデ・パウリスタ支部はアルカショフラや紫蘇の実をふんだんに使ってさっぱりと仕上げ、カッポン・ボニートはサルジンニャを潰してマヨネーズと混ぜて洋風に、レジストロは名物マンジューバの酢漬け、カウカイア・ド・アウトは大根と干しブドウの甘辛煮をはさんで意外性のある芳醇さを演出、グランデ・パウリスタGⅡは庶民に愛されるモルタデーラ巻き。
 ピラール・ド・スルはアボブリーニャ・メニーナとアゼイトーナが強いアクセントを作って魚なしで見事な寿司ネタを作った。加えて、ジャカレイではタケノコの水煮をキムチ合えとワサビ合えにしてはさみ、グランデ・サンパウロGⅠはシイタケで勝負した。
 講評では、CKCの大森麗裕さんは「凝り過ぎの作品も。結局はシンプルな味が一番おいしかった印象」、細川多美子さんは「もっと冒険しても良かった」などの声が寄せられた。
 7人の審査員が採点した結果が小川彰夫委員長から発表され、1位はピラール、2位は同点でカウカイア、3位はヴァルゼン・グランデとジャカレイとなった。なお部員同士の互選では1位ピラール、2位ヴァルゼン・グランデ、3位カウカイア、ジャカレイと似通って結果となった。
 最後に残った酢飯や食材を使って「絆寿司」に挑戦した。海苔35枚分の長さの太巻きで、息を合わせて一気に巻く必要があり、全員の団結が試される。
 「せーの!」の掛け声で、グルリと寿司が見事にまかれた。上芝原初美元会長は「来年もこの調子で心を合わせて頑張りましょう」と檄を飛ばした。
 ジャカレイの三好信子さんも「タケノコの手巻きは自宅でいつもやっている。それが皆に認められた」、カッポン・ボニートの堀米エミリアさんも「生まれて初めてこんなにいろんな手巻きを食べた」と喜んだ。須原マリナさんは「みんなで一丸になってやれてよかった」と締めくくった。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]