ホーム | コラム | 小野リサのBom apetite! | ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)

ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)

Penne com brócolis

Penne com brócolis

 子供は、お野菜食べるのが嫌いですよね。
 そこで、思いきって野菜だけのスパゲッティーを作って食べさせたところ、美味しい美味しいと、おかわりをしたくらいです。
 このレシピは、母がブラジルにいた時にベジタリアンの友人がレストランでオーダーした際の、一品でした。
 そのレシピを母が我が家で再現し、今では時々、我が家の食卓にのぼる、定番料理の1品となっています。
 作り方はいたって簡単でシンプルですが、結構ニンニクの味が引き立っていますので、にんにくの量はお好みで。
 ポパイは、ほうれん草を食べてブルータスに勝ちます。幼少時は、そんな姿をテレビで見て、ほうれん草を食べると強くなれるのだと信じていました。
 ブロッコリーは茹で時間が大事なので、茹ですぎには注意して下さいね。
 また、サンパウロは食の宝庫で、イタリア人の移民の方がとても多いのです。
 美味しいイタリア料理のレストランで食事を楽しんでいた頃を、懐かしく思い出します。
 サンパウロに住む方は、是非イタリア料理も堪能して欲しいと思います。

 

ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)

材料

ブロッコリー 1株
ほうれん草 1輪
ニンニク 1カケ
塩胡椒
オリーブオイル
ペンネ 1袋
粉チーズ

作り方

  1. ブロッコリを軽く茹でてザクザクに刻む。
  2. ほうれん草も茹で、1センチくらいに切って水けを絞っておく。
  3. みじん切りのニンニクを炒め、茹で上がったペンネを入れて、塩胡椒する。
  4. そこにブロッコリーとほうれん草を入れて混ぜ合わせ、粉チーズを振りかけて、味を整える。

 

小野リサ | Lisa Ono

Lisa Onoブラジル・サンパウロ生まれ。
10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。
1989年CDデビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。
アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠、ジョアン・ドナードら著名なアーティストとの共演や、ニューヨーク・ブラジル・アジアなどでの海外公演も行っている。
1999年に発表したALBUM『DREAM/ドリーム』が、20万枚を超えるHitを記録。
以降、日本におけるボサノヴァの第一人者として、その地位を不動のものとしている。

 

こちらの記事もどうぞ

  • パステス (Pastéis)2015年8月18日 パステス (Pastéis)  ブラジルの街には、あちこちで朝市があります。 ブラジルに住んでいた頃、お買い物が終わって帰るときに、必ず立ち寄るところがありました。 それは市場の端にある「パステス屋」さんです。 実はパステスは、1940年頃にサントスの街で日本人によって作られたそうです。 そ […]
  • Feijoada2015年5月26日 フェイジョアーダ 【みんな大好き、パワーの源!】  フェイジョアーダはブラジルで代表的なお料理です。ブラジルではどこのレストランに行っても毎週水曜日と土曜日になると食べられるお料理です。とてもスタミナがあり、お好みで豚足や豚の耳なども入れます。 フェイジョアーダを頂く際の注意として、夕食に […]
  • Bolinho de bacalhau2015年5月12日 鱈のコロッケ 【美味しい料理は国境を越える!】  ポルトガルの植民地だったブラジルには、ポルトガルの名残が幾つもあります。鱈のコロッケはその一つでもあります。 魚料理を多く取り入れたポルトガル料理には、イワシを始め塩蔵鱈をよく使用します。中でも塩蔵鱈はいろんな調理を楽しめると思います。 […]
  • Bife com alho2015年6月9日 ガーリックステーキ 【大スターの前で…思い出の一品】  ブラジルには、美味しいお肉料理が沢山あります。肉自体もとても美味しいのです。そんな中で1番ポピュラーなのがステーキです。 今、日本でもシュラスコがとても人気ですが、家庭でも良くお肉を食べます。今回ご紹介するガーリックステーキは、サンパウロで […]
  • 鱈のグラタン (Bacalhau gratinado)2015年9月15日 鱈のグラタン (Bacalhau gratinado)  以前も鱈のコロッケをご紹介させていただきましたが、今回は私が1994年にNHKのお料理番組でご紹介しました鱈のグラタンを再びご紹介します。  鱈の事をポルトガルではBacalhauと言いますが、語源はラテン語のBaccalaureu […]