ホーム | 日系社会ニュース | 荘厳な音色で新年迎え=西本願寺で除夜の鐘
鐘をつく参加者
鐘をつく参加者

荘厳な音色で新年迎え=西本願寺で除夜の鐘

 南米浄土真宗本願寺(通称・西本願寺)で昨年大晦日の夜、除夜の鐘つきが行なわれた。本願寺の信徒を中心に約60人の参拝者が、荘厳な鐘の音とともに新年を迎えた。
 仏教では人間に108個の煩悩(迷いや苦しみの原因)があると教えることから、同じ回数だけ鐘を撞く習慣となっている。午後11時半から行なわれた法要の後、人々は階上の鐘の前に列を作った。
 年が明けると同時に一人目が鐘をついた。「ゴーン」という柔らかく響く音が寺院内に広がり、参拝者から歓声が上がる。皆口々に「今年もよろしく」と言い合った。
 鐘をついた人々は一様にすっきりとした表情。今回初めて参加したというセルビオ・ソウザさん(51)は、「この寺院に通っている義父とともに来た。鐘をつくことで仏様のご加護を感じた」と穏やかな顔で話した。
 本願寺の勉強会に参加している山本逸男さん(74、二世)は、「NHKのテレビで何度も見ていたが、108回鐘を鳴らすのは初めて知った。煩悩が無くなったわけではないが、自分に煩悩があることを確認できた」と神妙な面持ちで語った。
 無事に除夜の鐘が終わるのを見届けた杣山哲英開教総長は、「普段お寺にお参りできなくても、こういう時に来られる方は多い。仏様とご縁をつなぐ良い機会です」と感想を述べた。
 鐘つきを終えた参拝者たちは、仏教会が用意した軽食をつまみながら談笑し、帰途に就いた。
 南米浄土真宗本願寺は1950年から伯国で布教を開始。現在国内に35カ所の寺院があり、約1万5千人の門信徒がいる。


□関連コラム□大耳小耳

 〃凡夫〃という単語には「平凡な人」の意味に加え、仏教では煩悩が無くならない人のことも指し、「死ぬまで迷い悩む」と教える。200年前なら殿様しか口にできない美食が庶民にも気軽に食べられる現代において、肉食や酒を止めて欲や怒りをなくす厳しい佛教の修行をして煩悩をなくすのは、かなり難しいか。煩悩とオサラバする手軽な方法として「除夜の鐘をつけば煩悩が無くなる」とも言われる。ただし、これまで何度も除夜の鐘をついてきた耳子の場合、年ごとに煩悩が増えているような…。であれば、後者の意味の〃凡夫〃かも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適2018年9月25日 J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適  『J‐TEST実用日本語検定』(運営=語文研究社)の「第4回公開試験」を11月4日に行うにあたり、受験者を募集している。申込みは10月11日まで。  今回は従来の初級者向けの「E‐Fレベル」、中上級者向けの「A‐Dレベル」に加え、ビジネス実用日本語検定も行なわれる。  ビ […]