ホーム | 日系社会ニュース | KOSHUKAIで準備万端=訪日控える留学生が参加
最終日にはOBを交えて記念撮影
最終日にはOBを交えて記念撮影

KOSHUKAIで準備万端=訪日控える留学生が参加

 ASEBEX(日本留学生研修員ブラジルOB会、マルチノ・ムズメチ会長)主催の「KOSHUKAI」が4日から3週間にわたり開催された。文部科学省、JICA県費留学及び研修などの制度で訪日を控える人に対し、日本の文化・習慣を伝えることが目的。56人が参加し、歴代OBがそれぞれの経験を踏まえたアドバイスを送った。
 マルチノ会長は「エチケット等は、いずれ自分で経験して学ぶことになりますが、ここで不安を解消すれば万全の気持ちで留学に向かえます」と意義を話す。留学中、クリスマス会や富士登山も企画されるという。
 最終日の22日には、文協・山下譲二、県連・島袋栄喜両副会が出席した修了式が行なわれ、激励の挨拶の後、修了証書が手渡された。
 参加者の千田記可(きよし)さん(26、二世)はJICA日系社会リーダー研修事業を利用し、京都大学大学院で建築学を学ぶ。幼少期を日本で過ごすが、OBからの講話で「心の準備が出来た」と収穫があった様子。留学に対しては「これまで自分が学んだことにことに対して、グローバルな目線から意見が欲しい」と期待を話した。
 また文科省の国費留学生のアントニオ・ジュニールさん(18)は最年少で非日系、訪日経験も無いが、10年以上公文で学んだという流暢な日本語で、「電車の乗り方が全然違うので、知っておいて良かった」と話した。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]