ホーム | 日系社会ニュース | 世界救世教=現教団トップ初来伯、浄霊=アフリカ、南米から2万人=「全ての人はメシア」
挨拶に立つ小林昌義理事長(左)とレゼンデ本部長(世界救世教いづのめ教団メディア情報部提供)
挨拶に立つ小林昌義理事長(左)とレゼンデ本部長(世界救世教いづのめ教団メディア情報部提供)

世界救世教=現教団トップ初来伯、浄霊=アフリカ、南米から2万人=「全ての人はメシア」

 ブラジル世界救世教いづのめ教団は1日、聖市南部の聖地グァラピランガで月次祭(つきなめさい)を行った。同教団の世界現トップ、小林昌義理事長夫妻が就任以来、初来伯して式典に出席した。南米では滅多にない機会とあり、近隣諸国やアフリカからも信徒約2万人が集った。

神殿の外に設置された大画面で見る信徒たち

神殿の外に設置された大画面で見る信徒たち

 月次祭は過ぎ去った1カ月間の神徳を感謝し、次の月の守護を祈願するもの。午前9時にマルコ・レゼンデ伯国本部長らが神殿に登壇。「一番大切なことは他人を大事にすること、それが幸せの秘訣」との岡田茂吉明主の教えが読み上げられ、信徒らは熱心に聞き入った。
 小林理事長が静かに登壇し、ゆっくりと神殿に礼拝、信徒へ向けて浄霊が始まった。右手を肩ほどの高さでかざした手を5分ほど会場の隅々まで少しずつ動かしていく。浄霊の間、神殿付近で大声を上げて泣いている女性の声が響き渡った。
 レゼンデ本部長が挨拶に立ち、「小林理事長を迎えられ、特別な日となった。皆さんに紹介できることを、渡辺哲男前理事長も大変喜んでいると思う」と紹介した。
 現理事長は「全ての人々は『メシア』になるためにこの世に生まれてきた。神に感謝し、私の全てを御心のままに使っていただきたい」と現教主・岡田陽一氏のメッセージと神への祈りの言葉を代読した。
 小林理事長は、渡辺前理事長との間で当地に関する話題が出た時の逸話として「出発の2、3日前からソワソワしていて『ブラジルは天国だ!』と言っていた」と語り、笑いを誘っていた。「渡辺さんはブラジルが好きで本当に愛していた。それがここへ来てよく分かった。今日はここに一緒に来ていると思う」と語ると大きな拍手が送られ、目を潤ませる人も見られた。
 「聖地に来ることが出来、私は世界一幸せだ。今ではこの地から南米諸国やヨーロッパ、アフリカなどへ教えを広めに渡っている。世界の信徒にとって誇り。レゼンデ本部長が良き指導者として世界布教を成功させることを願っている」とポ語での挨拶を披露、信徒から大きな歓声と拍手が起こった。
 アフリカ本部長のクラウジオ・ピニェイロさん(42)はサルバドール出身。今回は小林理事長に会うために南ア共和国、モザンビーク、コンゴ、アンゴラから13人で来伯。「みなとても感動していた。アンゴラの首都ルワンダに新聖地を建設中で、エジプト伝道も始めるつもりだ」と士気が上がっている様子だった。
 北東伯アラカジュから来たマリア・フランシスカ・ドス・サントスさん(76)は1年前に入信。何度もこの聖地での式典に参加しているという。「小林理事長の話は素敵だった。また来てほしい」と語った。
 式典後、理事長夫妻は伯国以外からの参加信徒と写真撮影。一人一人と握手し、労いの言葉をかけながら見送っていた。


□関連コラム□大耳小耳

 聖市グァラピランガ湖畔に20万坪の広大な敷地を持つ世界救世教の聖地。渡辺哲男前理事長がデザインし、95年に竣工。一際目を引くのは古代ローマを彷彿させる神殿だ。「当初は屋根や壁もあるデザインだったが『空が天井、自然が壁だ』という夢を見た渡辺氏の発案で今の様式に変更された」と宣教・研修課長の山田智一氏は説明。同教団の聖地は日本、タイ、伯国の3カ所。南米聖地には北中南米、欧州、アフリカからも信徒が集まるが、消防法の規制で2万5千人までしか入れない。アンゴラ聖地が完成すれば、分散されて参加できる人がもっと増えるかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も2016年6月15日 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も  「日本移民が築いた信頼のおかげで、一人旅でも南米で人々に受入れてもらえた」―そう語るのは70年代に北南米を自転車で旅した橋勝雄さん(71、東京都)。海上自衛隊に入隊し、遠洋航海で初来伯。その後、米国に移住し、現在はロサンゼルスで庭園業を行う。「とにかく日本を出て広い世界を見た […]
  • リオ五輪まで240日切る=会場やインフラ整備を視察=10キロ1時間、渋滞に心労=(1)2015年12月10日 リオ五輪まで240日切る=会場やインフラ整備を視察=10キロ1時間、渋滞に心労=(1)  【リオ発】来冬、ブラジルは南米大陸で初の夏季五輪を迎える。8月5~21日のオリンピック、9月7~18日のパラリンピックを前に、現地ではどれぐらい準備が進んでいるのか。ブラジル日本商工会議所の運輸サービス部会(細谷浩司部会長)が企画したリオ五輪施設の視察見学会(11月18、19 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  聖市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコチア青年 […]