ホーム | 日系社会ニュース | ミス日系=16歳タイスさんが優勝=日本祭り控えオザスコで

ミス日系=16歳タイスさんが優勝=日本祭り控えオザスコで

優勝者のタイスさん(左端)

優勝者のタイスさん(左端)

 オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)は5月28日夜、『2016年度ミス日系オザスココンクール』を同文協会館で開催し、各候補者の美しさに会場が盛り上がった。
 今年の出場者は13人。それぞれが浴衣、ドレスを身に纏いウォーキングで会場を魅了した。コロニア歌手のナカセ・リカルドさんによるショーも行なわれた。
 今年のミス日系オザスコに輝いたのは、16歳の三世、川崎タイス・ハツミさん。自身の夢を発表する審査では「外国に住むこと。特に米国と日本」と述べ、終了後には「楽しむことが美しさにつながる」と本紙に喜びの声を伝えた。
 コンテスト出場者は、会場案内役として週末のオザスコ日本祭り(11、12日)に彩りを添える。

こちらの記事もどうぞ

  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 県連会議=日本祭り会場、凝った入口に=折り鶴や折布のアートで2018年3月9日 県連会議=日本祭り会場、凝った入口に=折り鶴や折布のアートで  ブラジル日本都道府県連合会(山田康夫会長)が「2月度県連代表者会議」を1日、文協ビル内の県連会議室で行なった。今回は第21回日本祭りの会場案の発表、県連活性化などについて発表があった。  今年の日本祭りは、110周年式典が開催される関係で、いつもより盛大になる。たと […]
  • ADESC=奥山新会長就任、抱負も=他人を誉めて団結強化2018年3月6日 ADESC=奥山新会長就任、抱負も=他人を誉めて団結強化  農協婦人部連合会(ADESC)は、『第22回定期総会』を先月20日、高知県人会で開催した。聖州各地から約40人が参加、新役員を選出した。新役員が先月26日に来社し、抱負を語った。  満場一致で新会長に選出された奥山貴美子さん(二世、74)は「初めて会長職を務める。先 […]
  • 中南米対日理解促進プログラム=日本祭関係者、地域活性化行事学ぶ2018年2月24日 中南米対日理解促進プログラム=日本祭関係者、地域活性化行事学ぶ  JUNTOS中南米対日理解促進プログラムを通じて、伯国などの中南米6カ国から日本祭り関係者らが、1月28日から2月4日まで訪日し、『活性化』を目的に活動する各種団体を視察した。15日午後2時から、文協ビル内県連事務所にて記者会見が催され、伯国から参加した市川敏雄実行委 […]