ホーム | 特集 | 2016年移民の日特集号 | 【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 安倍晋三

【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 安倍晋三

安倍晋三内閣総理大臣

安倍晋三内閣総理大臣

 本日、ブラジルにおいて「日本移民の日」を迎えるに当たり、日系社会の皆様に心からお祝いを申し上げます。
 日本とブラジルの両国は、昨年、外交関係樹立120周年の節目を迎えました。両国の120年間の交流を支えてきたのは、人と人との絆であり、ブラジルにおける海外最大の日系人社会は、その絆の中心にあります。120年の長きにわたる、日伯友好のための皆様の御尽力に改めて深い敬意を表し、感謝申し上げます。
 ブラジルは、豊富な資源と大きな経済ポテンシャルを持ち、国際的な影響力を有する重要な国です。私が一昨年ブラジルを訪問して以降、両国は、実に多種多様な面で関係を強化しています。今後も二国間関係を力強く発展させていきたいと思います。
 更なる両国の関係強化のためには、引き続き日系社会の皆様と連携していくことが不可欠です。私がブラジルを訪問した際に発表した日系人の招へい事業を、着実に実施していきます。皆様と共に日本文化の普及にも尽くす所存です。
 8月から、いよいよリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催されます。「リオから東京へ」、オリンピック・パラリンピックは、スポーツ分野のみならず、文化、観光などの分野における交流を促進する絶好の機会となります。リオ大会の成功と日伯両国の選手の健闘を心より祈念します。
 一昨年のサンパウロにおける政策スピーチで、私は、両国の関係を「ジュントス(共に)」というキーワードを軸に発展させていきたいとのビジョンを表明しました。2018年には日本人移住110周年の記念すべき節目を迎えます。この節目に向けて、日系社会の皆様と「共に」、更なる日伯関係強化に取り組んでまいります。引き続き皆様方の御協力をお願い申し上げます。
 最後に、日本人移住者と日系人の皆様の今後のますますの御活躍、ブラジルにおける日系社会の更なる御発展を心から祈念し、私のお祝いメッセージとさせて頂きます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を2018年7月21日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を  沖縄県人会に協力要請する以前に、奥原さんは日系社会を代表する組織、ブラジル日本文化福祉協会にもお願いしたが、断られていた。すでに当事者の大半が亡くなっており、当時を知らない世代ばかりになった今、「今さらそんなことをほじくらなくても」という声も強い。そんな流れに掉さす様 […]
  • 移民110周年=聖市議会が10人を表彰=野村市議「今こそ先人の遺産を」2018年6月29日 移民110周年=聖市議会が10人を表彰=野村市議「今こそ先人の遺産を」  6月18日の「移民の日」を記念した「ブラジル日本移民110周年記念セッション」が19日夜、聖市議会貴賓室で行われた。これは移民百周年以降、聖州議会と市議会が交互に開催しているもの。今年は野村アウレリオ市議、太田正高市議、羽藤ジョルジ市義、林ロドリゴ・ゴウラール市議の発 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]