ホーム | 日系社会ニュース | 那覇市で移民の日交流会=期待高まる10月世界大会

那覇市で移民の日交流会=期待高まる10月世界大会

世界ウチナーンチュ大会の成功を祈って乾杯する参加者のみなさん

世界ウチナーンチュ大会の成功を祈って乾杯する参加者のみなさん

 【沖縄県発】沖縄県那覇市の「ぶんかテンプス館」テンプスホールで、今年もブラジル日本移民の日に合わせて18日に、カナダ、アメリカ、キューバ、ブラジル、ボリビア、ペルー、アルゼンチンの7カ国による沖縄パンアメリカン連合会主催の「移民の日交流会」が行われた。
 今年10月の世界ウチナーンチュ大会に向けて、移民の家族や関連団体関係者に加え、例年以上に一般の参加者も増えた。ブラジルの関係の深い沖縄尚学学院高等部の生徒らも運営にボランティアで参加した。
 その他、来賓として外務省の沖縄担当大使の川田司さん、沖縄県国際交流・人材育成財団の根来全功国際交流課課長、フィリピン総領事館のアラルコン朝子総領事、JICA沖縄事務所の河崎充良所長らも出席した。
 今年の世界ウチナーンチュ大会では、海外・県外からの参加者を1万人以上集めることが目標だという。前々回のブラジルからの参加者は600人ほど。前回は8千人が訪沖したうち、ブラジル勢は1200人といわれており、やはり1千人を突破しているアメリカ勢(特にハワイ)と共に、今回はさらに多い参加が母県からは期待されている。(翁長巳酉さん通信)

こちらの記事もどうぞ