ホーム | 日系社会ニュース | 移民の日ミサ=サンゴンサーロ教会で粛々と=「神様のご加護が日系社会に」

移民の日ミサ=サンゴンサーロ教会で粛々と=「神様のご加護が日系社会に」

ミサに列席し、祈りを捧げる皆さん

ミサに列席し、祈りを捧げる皆さん

 今年も日本移民108年記念ミサが18日午前8時から、聖市のサンゴンサーロ教会で粛々と行われ、日系団体代表やカトリック信者ら約80人が参列した。「日系社会およびブラジル社会に貢献された先駆者の遺徳に敬意を表し、私どもが彼らの模範に倣い、勇気と希望のうちに明日の良き社会建設への志を新たにしましょう」と開会が呼びかけられた。
 県連、文協、援協、商議所ら団体代表者10人は共同祈願の中で、「それぞれの国の統治者が利己主義から解放され、国民の幸せのために尽くされるよう、切なる祈りを神にお捧げします」「我々を始め、社会の人が自己のアイデンティティを失うことなく、しかも他文化への尊敬と受容をもって、私たちの子弟の教育を大切にし、明日の良き社会建設に貢献することができますようにお祈りします」などと唱えた。
 ドイツ系のフレイ・アレシオ神父が日ポ両語で司式司祭を務め、「ブラジルは今、大きな問題を抱えています。よき社会を建設するために皆で力を合わせましょう。神様のご加護がいつまでに日系社会にありますように」と祈った。
 ミサの後には、聖母婦人会からカフェ・ダ・マニャンが提供された。参列者の一人、牧山きみ代さん(69、アラサツーバ出身、二世)は「結婚する前、40年以上前から毎週この教会に通っています。でも移民の日のミサは特別。お父さん、お爺さんらを思い出し、感謝を込めてお祈りしました」と清々しい顔で語った。

こちらの記事もどうぞ