ホーム | 日系社会ニュース | 津市との姉妹提携40周年=2万人来場、オザスコ日本祭り

津市との姉妹提携40周年=2万人来場、オザスコ日本祭り

鏡開きで開式を祝う関係者ら

鏡開きで開式を祝う関係者ら

 オザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長)が11、12の両日、同館の特設会場で『第7回日本祭り』を開催した。2日間でのべ約2万人が来場して、会場は大賑わいとなった。
 ステージでは、伝統舞踊などの多岐に及ぶ演目が披露されたほか、焼きそばや天ぷらなどの屋台や日本製雑貨、アニメグッズなどの販売ブースが設けられた。
 また三重県津市との姉妹都市交流40周年を記念して、同市特設コーナーが設けられたほか、文化体験スペースでは陶芸や書道、凧、折り紙などの各種ワークショップが開かれ、興味津々な非日系の若者を中心に熱心に取り組む姿が見られた。
 初日に行われた開会式では、提携40周年を記念して津市の前葉泰幸市長から送られた祝電が読み上げられ、荒木会長より、スポンサーとなったブラデスコ社や関係者に対して感謝の意が伝えられた。
 式典に出席した中前総領事は、同祭がオザスコの公式行事として認定されたことに触れ、これまでの同協会での文化・スポーツの領域における活動を評価。「ブラジル社会における友好の架け橋になることを期待する」として今後に期待を込めた。
 ジョルジ・ラッパス・オザスコ市長からも、「これまで日系人はあらゆる分野で伯国社会に貢献してきた。これほど大規模の祭りを開催できるのは、まさに日系コミュニティーの力強さを示すものだ」として歓迎した。
 初めて訪れたという椿哲夫さん(67、二世)は、「折り紙のブースが特に素晴らしかった。折り紙でここまでできるとは。時間をかけて準備してきたのが伝わってきた」と喜びの表情を浮かべた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 津市との姉妹提携が40周年=記念の日本祭り、オザスコで2016年6月4日 津市との姉妹提携が40周年=記念の日本祭り、オザスコで  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)は11、12の両日午前10時から、同文協(Rua Acenbo, 100, Jardim […]
  • オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も2018年6月14日 オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も  ブラジル日本移民110周年を記念して、オザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長)は「第9回日本祭り」を9、10の両日、同会の特設会場で開催した。主要舞台では多岐におよぶ演目が披露されたほか、充実した日本文化体験に多くの伯人客が押し寄せ、両日で延べ2万人が来場した。なかには […]
  • 加古川名物「かつめし」発信=副市長らマリンガ視察2017年9月16日 加古川名物「かつめし」発信=副市長らマリンガ視察  パラナ州マリンガ市と姉妹都市提携を結ぶ兵庫県加古川市から白水伸英(しらみずのぶひで)副市長とかつめし大使の杉本洋一さんが、7月15日から12日間、マリンガ市を中心に視察し、加古川市名物「かつめし」の広報活動を行った。 […]
  • 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待2016年1月9日 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待  2016年の各県人会関係の式典は、ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の50周年を筆頭に、茨城、新潟、島根、宮崎、沖縄の5県人会が開催するのみ。10団体を超える団体が式典を催した昨年と比較しては少な目といえそうだ。ただし、県連には多数の「記念事業」を行なう構想があり […]
  • りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中2015年9月10日 りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中  青森県人会(玉城道子会長)が、7月の県連日本祭りで売れ残ったりんごジュースを取り扱っている。価格は1リットル20レ、2リットル32レ。5本以上なら1割引きで購入できる。 玉城会長曰く、「聖市では日本祭りでしか購入できない貴重なジュース」だが、今年は売れ残ってしまったという。原 […]