ホーム | 日系社会ニュース | メダリスト上野さん来伯指導=リオ、聖州など5都市で=日本人コーチ派遣増に期待
熱を込め手本を示す上野さん(24日、サンジョゼ)
熱を込め手本を示す上野さん(24日、サンジョゼ)

メダリスト上野さん来伯指導=リオ、聖州など5都市で=日本人コーチ派遣増に期待

 2012年ロンドン五輪銅メダリストの上野順恵さん(32、北海道)が、国際協力機構(JICA)の調査団として15日から短期滞在した。今派遣は、柔道分野のボランティア受け入れ先の開拓が目的。最終日程を迎えた24日に上野さんを取材すると、「子どもたちの目が輝いていたことが印象的だった。ブラジル柔道の強化にも、日本の技術を伝える機会がもっと必要」などと話し、約10日間の成果を喜んだ。


 最終日の24日、平日午後にも関わらずサンジョゼ・ドス・カンポスには、気合の入ったちびっ子から青年などJudoca(柔道家)約100人が集った。
 冒頭の練習風景を見守った上野さんは、「受身から打ち込み、乱取りまでレベルが高い。組み手の時はより実践を意識して取り組んでほしい」と激励。続く質疑応答では腕の使い方、投げ技や寝技への入り方のほか、公式戦に臨む心構えなどを伝えた。「試合の時はとにかく強気で。前に出る気持ちが大事」といった助言に、当地柔道家らも熱心に耳を傾けた。
 実演時に相手役を務めたルイス・リマさん(22)は、「上野さんは組んだ時の力の入れ方に強弱があった。私たち伯人選手は常に力一杯で相手を押さえ込もうとする。引く、押すの駆け引きを肌で感じることができ、相手の姿勢、重心をいかに崩すべきか学べた」と貴重な体験を喜んだ。
 上野さんは15日に着聖、翌日からさっそく実演、交流にあたった。イビラプエラ体育館に併設される南米講道館を訪問し、およそ100人へ指導。17日にはブラジリアに移動し、現地で開催されていた日本祭りで投げ技などを実演した。五輪を間近に控えるリオ・デ・ジャネイロも訪れ、主に児童を対象に指導した。22日には聖州に戻りバストスへ。
 全ての公式日程を終えた上野さんは、「こちらの選手は好奇心が旺盛で何でも質問する。特に子どもは目が輝いていた」と感心した様子。「JICAボランティアが柔道分野に派遣されれば強化に繋がる。日本の技術を伝えることが一番」とスポーツ交流の振興に期待をかけ、25日深夜に離伯した。
 上野さんにとって柔道交流を目的とした来伯は2013年以来。当時は現在も柔道部コーチとして所属する、三井住友海上火災保険株式会社の業務研修のため、4~9月に滞在していた。


□関連コラム□大耳小耳

 JICA調査団として、聖州サンジョゼ・ドス・カンポスを訪れた上野順恵さん。柔道教室に集った選手には黒帯がズラリと並ぶ。約2時間の指導を終えた上野さんも「レベルが高い」と驚きの表情だった。JICA関係者の話だと「市内ではサッカーに次ぐ競技人口」というからうなずける。事実、同地から巣立った選手が2大会連続で五輪に出場していた。上野さんの教えを胸に、目指すは3大会連続、つまり東京五輪出場だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 祝福に駆けつけた海藤三味線教室と文協役員ら2014年12月11日 ピンダ文協会館落成50周年=青年の熱気に押され建設=半世紀の歴史を刻む建物  聖州東北部のピンダモニャンガーバ日伯文化体育協会(森ジョルジ会長、以下ピンダ文協)は11月9日、同会館落成50周年祝賀会を行なった。 1964年の落成から大きな節目となる半世紀の歳月の記念日を、海藤三味線教室の洗練された演奏、JICA青年ボランティアの日語教師・神田和可子 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]