ホーム | 日系社会ニュース | 300人が開拓先亡者弔う=パラナ連合会、移民の日に

300人が開拓先亡者弔う=パラナ連合会、移民の日に

追悼文を読む吉田副会長と、出席した(前列右から)西森下議、寺道博首席領事

追悼文を読む吉田副会長と、出席した(前列右から)西森下議、寺道博首席領事

 パラナ州の連合会「リーガ・アリアンサ」(折笠リカルド会長)が6月18日、パラナ州ローランジャ市の日本移民センターでパラナ開拓先亡者慰霊祭を開催した。寺道博在クリチバ首席領事、西森ルイス連邦下議、折笠会長を始め約300人が参列した。
 アリアンサの吉田パウロ副会長から追悼文が読み上げられ、寺道首席領事が追悼の言葉を述べた。昨年の外交120周年、パラナ州兵庫県姉妹提携45周年、秋篠宮ご夫妻の来伯について触れ、その報告などが述べられた。

焼香するローランジャ婦人会の人達

焼香するローランジャ婦人会の人達

 ロンドリーナ西本願寺の堅田玄悠師による読経で、慰霊法要が行なわれた。法話に立った堅田師は「『おかげさま』の『かげ』とは目に見えないけれど大切なもの。人は空気を吸い、牛や豚、鶏などの命を頂いて生きている。昔の人は目に見えないものにこそ、本当に大切なものがあるとした」と説き先人に敬意を表した。
 桜の咲く会場で焼香が行われ、出席者は先亡者の霊に深い感謝の祈りを捧げた。その後の懇親会は移民センターの会館で行われ、婦人部手作りのうどんが振舞われた。
 またロンドリーナ文化会館(ACEL)でも同月15日に慰霊祭を行い、平日ながら200人を集め、80歳以上の高齢者に記念品を贈った。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ラーメン和=2号店を盛大にオープン=絶好の立地に本場の味2017年6月21日 《ブラジル》ラーメン和=2号店を盛大にオープン=絶好の立地に本場の味  【既報関連】東洋街でラーメン専門店「らーめん和」を経営するヤマト商事(高木和博社長)は、サンパウロ市パライーゾ区の2号店(Alameda Santos, […]
  • ポルト・アレグレ日本祭り=伯人巻き込み7万人集客=(下)=移民60周年で先駆者顕彰2016年8月30日 ポルト・アレグレ日本祭り=伯人巻き込み7万人集客=(下)=移民60周年で先駆者顕彰  第5回目を迎えた今年のテーマは、『南大河州の日本人移民への顕彰』。1956年8月18日に、日本からの直来移民として23人の若者が聖市から南に1140キロ、大陸国家ブラジルの最南端にあるポルト・アレグレに根を下ろしてから、今年は60周年の節目を迎える。  8月18日はポル […]
  • イビラプエラで慰霊法要=先人の労苦想い、遺徳偲ぶ2016年6月21日 イビラプエラで慰霊法要=先人の労苦想い、遺徳偲ぶ  移民108周年の節目を迎え、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の主催する『日本移民開拓先亡者慰霊祭』が18日午前10時半より、聖市イビラプエラ公園の慰霊碑前で行われた。中前隆博在聖総領事をはじめ、羽藤譲二聖州議、各県人会代表者や日系団体関係者など約90人余りが参席 […]
  • 五輪の現場から=(2)=マラカナンに舞え! なでしこサンバ2016年8月4日 五輪の現場から=(2)=マラカナンに舞え! なでしこサンバ  リオ五輪開幕までいよいよあと1日――リオのマラカナン競技場で、南米大陸初の五輪が幕をあける。その開会式に出演する神戸在住のサンバダンサー工藤めぐみさん(30)も、連日のリハーサルに熱が入る。 彼女のことを報じた6月18日付の本紙「移民の日特集号」を届けようと7月23日、彼女の […]
  • 移民の日ミサ=サンゴンサーロ教会で粛々と=「神様のご加護が日系社会に」2016年6月21日 移民の日ミサ=サンゴンサーロ教会で粛々と=「神様のご加護が日系社会に」  今年も日本移民108年記念ミサが18日午前8時から、聖市のサンゴンサーロ教会で粛々と行われ、日系団体代表やカトリック信者ら約80人が参列した。「日系社会およびブラジル社会に貢献された先駆者の遺徳に敬意を表し、私どもが彼らの模範に倣い、勇気と希望のうちに明日の良き社会建設への志 […]