ホーム | 日系社会ニュース | 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会

「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会

参加者全員と集合写真

参加者全員と集合写真

 ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテーマに研修に励む。
 午前9時の開校式で立花理事長は、40年間日本語教育にかかわってきた経験から、伯国の治安問題や教育行政不在が子供たちに与える悪影響を憂い、「生徒たちが日本語教育を通して客観的な視点が持て、ブラジルを良くできる人材になるように頑張ってください」と参加者を激励した。
 JICAの佐藤洋史次長は、「各地の日本語学校を見て回ったが、みな非常に熱意を持って取り組んでいる。JICAボランティアの半分は日本語教師。引き続きJICAも積極的に関わっていきたい。この3日間、色々なアイデアを出し、他校と協力して、新たなものを生み出してもらいたい」と挨拶した。
 国際交流基金の松尾博貴副所長も「59回も続けられるのはすごい」と感心し、「『生徒倍増計画』は素晴らしいテーマなので、3日間頑張って欲しい」と語った。
 講師の新宿日本語学校の江副隆秀校長は、「皆さん、左手の人差し指を立て、『シーっ』とやってください」と会場に促した。「指を見てください。ひらがなの『し』になっていますね」と会場を感心させ、「今回の研修ではおもしろいことをたくさん教えたい」と挨拶した。
 15日は中山貴子氏、加藤リジア氏による実践発表や『楽しんで日本語学習』をテーマにした討論会が行われる。16日は松田秀篤氏、多嘉山アントニオ氏などが「4カ国日本語教育現状」を発表する。17日は江副校長による「目に見える日本語」「『実践日本語』の使い方」の講演。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 参加者の皆さん(開講式後の記念撮影)2015年7月18日 近隣4カ国含め計60人参加=第58回全伯日本語教師研修会  今年創立30周年を迎えたブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する第58回全伯日本語教師研修会が17日に開講式を行った。今回はアルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルーなど近隣4カ国からの参加者も得て約60人が19日まで3日間「日本語教師も運営感覚を磨こう!」をテ […]
  • ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換2006年7月22日 ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換 ニッケイ新聞 2006年7月22日付け  第二十一回汎米日本語教師合同研修会が十八日から二十六日までの九日間、ブラジル日本語センター(谷広海理事長)で行われている。カナダ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ、ボリビアの七カ国から十四人、ブラジル国 […]
  • 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞2016年10月20日 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞  独立行政法人国際交流基金が毎年贈呈する基金賞をブラジル日本語センターが受賞した。1973年から続く同賞は国際交流基金の設立翌年に始まり、今回で44回目。文化活動を通じ国際相互理解、国際友好親善の促進への貢献やこれからの活動が期待される個人、団体に授賞される。  同センタ […]
  • 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物2016年4月22日 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物  世界とブラジルの生長の家の発展をそれぞれけん引する日本の生長の家国際本部「森の中のオフィス」と、サンパウロ市南部の生長の家ブラジル伝道本部。それ以外にも、生長の家は全伯に拠点をもち、現在は86のポ語の教化支部、33の日本語の教化支部が存在する。 「教化支部」は、その地域におけ […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]