ホーム | 日系社会ニュース | 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会

「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会

参加者全員と集合写真

参加者全員と集合写真

 ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテーマに研修に励む。
 午前9時の開校式で立花理事長は、40年間日本語教育にかかわってきた経験から、伯国の治安問題や教育行政不在が子供たちに与える悪影響を憂い、「生徒たちが日本語教育を通して客観的な視点が持て、ブラジルを良くできる人材になるように頑張ってください」と参加者を激励した。
 JICAの佐藤洋史次長は、「各地の日本語学校を見て回ったが、みな非常に熱意を持って取り組んでいる。JICAボランティアの半分は日本語教師。引き続きJICAも積極的に関わっていきたい。この3日間、色々なアイデアを出し、他校と協力して、新たなものを生み出してもらいたい」と挨拶した。
 国際交流基金の松尾博貴副所長も「59回も続けられるのはすごい」と感心し、「『生徒倍増計画』は素晴らしいテーマなので、3日間頑張って欲しい」と語った。
 講師の新宿日本語学校の江副隆秀校長は、「皆さん、左手の人差し指を立て、『シーっ』とやってください」と会場に促した。「指を見てください。ひらがなの『し』になっていますね」と会場を感心させ、「今回の研修ではおもしろいことをたくさん教えたい」と挨拶した。
 15日は中山貴子氏、加藤リジア氏による実践発表や『楽しんで日本語学習』をテーマにした討論会が行われる。16日は松田秀篤氏、多嘉山アントニオ氏などが「4カ国日本語教育現状」を発表する。17日は江副校長による「目に見える日本語」「『実践日本語』の使い方」の講演。

こちらの記事もどうぞ