ホーム | 日系社会ニュース | 七夕祭り=今年も盛況、短冊に願い込め=雨にも負けず12万人が来場

七夕祭り=今年も盛況、短冊に願い込め=雨にも負けず12万人が来場

開催を祝福する関係者ら

開催を祝福する関係者ら

 リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が16、17の両日、聖市リベルダーデ広場を中心に『第38回七夕祭り』を開催した。初日は暴風雨に見舞われが、日曜日は雲ひとつない快晴となり、身動きが取れないほど来場客で賑わった。主催者によれば、昨年の約12万人を越えるのではとの見通しだ。
 16日の午前、徐々に雲行きが怪しくなり、やがて激しい雨風に。特設ステージの演目が一時中断するほどの悪天候に、来場者が軒下に移動し心配そうに様子を伺う場面も見られた。大阪橋の鳥居下で行われるはずだった午後2時からの開会式も、急遽舞台上で行なうことになった。
 盛会を祈り始まった式典では、お祓いと短冊の願いの成就を祈念し、神道式の儀式で開幕した。池崎会長をはじめ、在聖総領事館の関口ひとみ首席領事、太田ケイコ連邦下議、羽藤譲二州議、野村アウレリオ市議ら30人が出席し、歓迎ムードが広がった。
 挨拶に立った池崎会長は、「今では聖市の重要な公式行事の一つとして認定された同祭を、今年も開催できることを大変誇りに思う」と喜びを見せ、関口首席領事は「私の願いは、この七夕祭りが末永く続くことです」と願いを込めた。
 特設舞台では、両日延べ約50の演目が披露され、ゴスペルフォークシンガーの神山みささん、米国で活動する近藤真里奈さんなど、国内外の歌手らが来場者を湧かせた。司会者が「七夕祭りは初めてですか?」と質問すると、過半数の来場者が手を上げ、多くの非日系人で会場が埋め尽くされた。
 色とりどりの七夕飾りで美しく彩られた通りは、食や雑貨のバザリスタで大賑わい。多くの来場者が各々の願いを短冊に込め、楽しいひと時を過ごした。初めて友人と参加したというジェシカ・シウバさん(21)は、「家族や友人、皆が健康で幸せに過ごせるように願いを込めました」と嬉しそうに語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ