ホーム | 連載 | 2016年 | 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子 | 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34)

日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34)

第14章  店主となって

 戦後、リオのドゥッケ・デ・カシアス町でも、ブラジルの軍部の守護神ルイス・アルヴェス・デ・シルヴァに敬意を表して賑わっていた。特に一九六一年にペトロブラス社の製油所ができてからは、大規模な労働者の雇用があり、地域の住民を正社員として雇用していたので、ドゥッケ・デ・カシアスの町は繁栄していた。
 町の商店も潤っていた。小物店の商店主で、兵譽がただ一人友人として付き合っているオタヴィオ・リマ・クルスがそんな折、パトリオッタ街の店を大きくしようと共同経営者として勧誘してきた。東洋人は貯蓄好きである。兵譽もその例にもれず、多少たくわえがあった。
 その金の三万クルゼイロを何のためらいもなく小物店の共同経営者となるためにつぎ込んだのだ。そして、柔道の指導をやめ、商売を始めることになった。小物店といってもガスボンベから麻のズボン、洗顔石鹸、シャベルやつるはしまでも売っているといった店で、兵譽は何年もがんばった。兵譽は商売人特有の抜け目なさは持ち合わせていなくて、客が値切りはじめると顔をしかめて、嫌がるのだった。
 流行をまねて兵譽も髪をのばしていたが、髪がこわいためまるでカーニバルの時に被るかつらのようだった。兵譽は店に来る客のほとんどがサッカーの話が好きなこと、話に花が咲くこともあり、話を合わせるためにサッカーチームのボタフォゴを応援していた。
 メキシコでの一九七〇年のブラジルチームのワールドカップの勝利を祝い、ブラジルのサッカーチームのユニホームを真似た黄色いTシャツをたくさん売って儲けたりした。
 店が儲かっていた頃、兵譽は再びサンパウロの奥地を旅行した。二人の息子を連れて行くこともなく、また、プレジデンテ・プルデンテに引っ越していた妹の藤子を訪れずれることもなかった。
 大政翼賛同志会の活動をしていた頃に歩いた所を回っただけであった。これが兵譽の最後の旅行となったが、すべてが変化していたことを悟ることになった。
 友人は引っ越して別な所にいたし、何人かは霧雨(ガロア)の町として知られるサンパウロ市内、正確にはリベルダーデ近辺に移り住んでいたりした。リベルダーデ区は東京のように人で賑わい、レストランでも店でもキオスクでも日本語が通じるのであった。
 兵譽は自分の殻に閉じこもっていたが、二人の年頃の息子をかかえて六〇歳になり、小商売をつづけるだけだはなく、もっと大きな事を成し得るのではないかと模索していた。
 二人の息子のうちエリオは二十歳で最初に結婚した。父親の土地に建てた小さな家に妻のアダルジザと住み、兵譽の最初の孫が生まれた。女の子で、アドリアナと名付けられた。何年か後にリンコンもエリザベッテと結婚し、アンデルソンとミシェルという二人の息子を授かった。リンコンはその後、再婚もし、レジスや他の幾人かの子どもを授かっている。
 家族は増え、生計も大変になった。息子二人は小学校をでると勉強をやめ、サッカー選手になることを夢見るようになった。彼らは、友人でいつも二人を励ましていたペドロ・パウロと共にサンパウロ市内やリオの地方のチームの選抜試験を受けていた。エリオはゴールキーパーで、リンコンはフォワードだった。
 しかし、いつも2次試験まで残るのは友人のペドロ・パウロだった。もっとも、彼は膝を痛めたために選手としての活動を止め、科学技師となり、兵譽の孫のアドリアナと結婚した。
 エリオは身長一七〇センチほど、褐色の肌に髪をいつも短く切っていた。リンコンは兄より少し背が低く、痩せていた。彼の髪は縮れていて、長い間切らずにいると、黒人のような髪型になるのだった。
 ブラジルサッカー界に東洋系の選手は存在せず、その障壁を乗り越えるのは大いなる困難であった。それは、イギリス人のチャールズ・ミラーがブラジルに導入したスポーツに、黒人が参加する権利を勝ち取るのと同じくらい難しいことであった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(10)2016年6月16日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(10)  池田アントニオ(本名・龍生)はサンパウロ州の奥地、アシス市に住んでいた。実家は大阪で狩猟用の武器製造工場をもっていたそうだが、ブラジルでは刃物製造に従事していた。たぶん、狩猟の武器との連想からか、射撃手としての名声が広まったものであろう。 彼は武器には強い関心を抱いていて、家 […]
  • 東西南北2014年9月18日 東西南北  サッカーのセレソンのドゥンガ監督は17日、10月11日の対アルゼンチン、14日の日本戦の召集メンバーを発表した。先日の米国遠征に手ごたえを感じてか、今回はサイドバック2人が代わったのみだったが、国民の多くから不満の声があがっている。それは今回の親善試合とほぼ同じ時期にブラ […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 東西南北2017年3月21日 東西南北  17日に行われた連邦警察の「カルネ・フラッカ作戦」は、その開始のインパクトに関して言えば、静かな始まり方だったラヴァ・ジャット作戦の何十倍も国民に大きなショックを与えた。それもそのはず。ブラジルの食文化と言えば、やはり肉食。大きな串に刺したピッカーニャの薄切りを食べる姿は、サ […]