ホーム | 日系社会ニュース | リオ五輪開会式=「ガンバッテ、ニホン」=移民を表現、選手に歓声も

リオ五輪開会式=「ガンバッテ、ニホン」=移民を表現、選手に歓声も

 【リオ共同】5日のリオデジャネイロ五輪開会式には、ブラジルに移民した日本人を象徴する場面も盛り込まれた。約160万人に膨らんだ日系社会はブラジルを支える重要な存在。リオ駐在の日本人も開会式で躍動した。日本選手団が登場すると観客席から大歓声が湧き、地元テレビのアナウンサーは日本語で「ガンバッテ、ニホン」と声援を送った。

 開会式のショーには駐在の日本人が少なくとも5人参加。参加者は「緊張したが陽気なブラジル人に助けられた。会場が一つになった」と興奮気味だ。青と銀色の衣装で踊った福岡県大牟田市生まれの中西美香さんは「感動的で貴重な体験をさせてもらった」と話す。
 日本人を象徴する場面が披露されたのは、午後8時(日本時間6日午前8時)ごろに開会式が始まってから間もなく。広島に原爆が投下された8時15分に合わせたとされる。神戸市のサンバダンサー、工藤めぐみさんも日の丸を想起させる衣装に身を包んで参加した。
 入場行進で104番目に日本選手団が現れた際には、テレビのアナウンサーが「(ブラジルにとって)親しみ深い国の代表団が入ってきました」と紹介。「日本もブラジル国旗を持っています」と話した後、「ガンバッテ、ニホン」と大きな声を上げた。
 日本からの集団移民が始まったのは1908年。日系人は勤勉で知られ、医師や弁護士らを多数輩出してきた。ブラジル選手団には日系人もいるほか、会場では日系人ボランティアらの姿も目立った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 兵庫県人会=半世紀越え、今なお活発に=55周年の節目を祝う=母県から80人超迎えて2015年9月1日 兵庫県人会=半世紀越え、今なお活発に=55周年の節目を祝う=母県から80人超迎えて  ブラジル兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)が創立55年を祝し、23日にサンパウロ市の北海道協会で記念式典を行なった。同会は1960年、外務課移住渡航係長が県民視察に南米訪れたのを機に発足。県費留学・技術研修員の選考と派遣、農業高校生の受け入れなど草の根交流を続けている。井戸敏三知 […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]