ホーム | コラム | オーリャ! | 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!

移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!

 当地のカラオケ熱は世界一だろう。指導者も多いし、大会は毎週のようにある。そんな業界からマルシア、エドアルドが日本へ飛び出した。
 亜国からは大城バネサがプロとして活動している。本人曰く、「年4回ほどしか大会がない」という同国から日本へ渡った珍しい例だ。
 それに比べ当地のあまりの盛況ぶりに、音楽こそ日伯を結ぶ文化だと感じる。古くはカルロス・トシキ、最近でも国吉メリッサや山下ヤスミンと様々だ。
 外交120周年ではNHKのど自慢ができなくて残念だった。なんとか移民110周年で実現しないだろうか。第1回から丁度20年経つことになる。「そろそろ第2回を」と個人的に期待している。ゲストにはコロニア出身のプロ歌手も数人期待したいところ。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  聖市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコチア青年 […]
  • 第7位=日系歌手が大きな飛躍=デビューや凱旋に喜び2016年12月27日 第7位=日系歌手が大きな飛躍=デビューや凱旋に喜び  当地からプロデビューを目指して旅立ち、日本での成功をつかみつつある日系人歌手の活躍も目立った。その筆頭は非日系の演歌歌手エドアルドさん(33)だ。10月に2作目を発表し各地の公演に汗。先日の日本有線大賞では見事、新人賞に輝いた。 […]
  • 大耳小耳2015年2月7日 大耳小耳  南銀創立の功労者・粟津金六氏(1893―1979年)は熊本県出身、神戸商業学校卒業。移民でなく、1914年に農務省の海外実業研究派遣生として渡伯し、日本大使館に勤務した。1923年に提出された日本移民入国制限を盛り込んだレイス法案の撤回に全力を尽くし、田付七太大使と共にパ […]
  • 大耳小耳2014年10月28日 大耳小耳  天才歌姫と評判の日系四世、山下ヤスミンちゃん。動画サイト「ユーチューブ」にも多数の歌がアップされており、「日本語って美しい。この子に教えてもらった気がします」「美空ひばりだ」「通勤の時に毎日のように聞いている。他のどんな歌手より癒される」「久々に泣いてしまった」などと日本 […]
  • 第6位=沖縄県人、実りある年に=創立90周年や世界大会で2016年12月27日 第6位=沖縄県人、実りある年に=創立90周年や世界大会で  6位に選んだのは、90周年を迎えた県人会などの沖縄関連。母県から55人の慶祝団を迎え9月に記念式典を行なった。記念事業として写真展や芸能公演も成功させた。 […]