ホーム | 文芸 | 俳句 | 第三十八回念腹忌全伯俳句大会

第三十八回念腹忌全伯俳句大会

◎席題入選句  寿和選

七十路のこの身にそよぐ木の芽風
                田中美智子

師の忌へと麻州飛び立つ東風の朝
                小原 加代

パレットにピンクを足して春の山
                柳原 貞子

勇気出せパラリンピック負けるなよ
                小林恵美子

念腹忌世代替れどホ句続く
                笹谷 蘭峯

洋越ゆる入選多し念腹忌
                猪野ミツヱ

子供の日涎まじりのキッス受く
                小原 加代

念腹忌再会学ばむパラダイス
                栃沢 秋穂

亡き句友の遺児も侍りて念腹忌
                永田美知子            

 

◎席題特選句  寿和選

素十師と移住地巡り念腹忌
                香山 和栄

故郷の鈴蘭と見紛ふジキタリス
                栃沢 秋穂

叱られしこと二度三度念腹忌
                星野  瞳

森の猿子猿を見せに動物の日
                吉田  繁

愛の鞭あてるも使命教師の日
                小原 加代

句縁てふ情にほださる念腹忌
                林 とみ代

はげましとしったの遺影念腹忌
                平野 住代

日系二世句会仲間に念腹忌
                伊達  幹

師の思想移民文化に念腹忌
                林 とみ代

インターネットで知る功績や念腹忌
                西谷 律子

 

◎席題特選句  一般選者

【浅海喜世子選】

パレットにピンクを足して春の山
                柳原 貞子

【伊藤きみ子選】【平間浩二選】

オートファジー解明春のノーベル賞
                鈴木 文子

【沖野清人選】

老いたれど集へば楽し念腹忌
                田中美智子

【小林恵美子選】

亡き句友の遺児と参ずる念腹忌
                永田美知子

【作本登実子選】

睦まじく黄菊に和み三遺影
                原 はる江

【伊達 幹選】【平野住代選】

大和心詠み継ぐ句座や念腹忌
                林 とみ代

【田中美智子選】【寺師幸子選】【柳原貞子選】

師の忌へと麻州飛び発つ東風の朝
                小原 加代

【中馬和子選】【西山ひろ子選】

白寿越ゆ移民の一生春惜む
                永田美知子

【富岡絹子選】

師の思想移民文化に念腹忌
                林 とみ代

【西川あけみ選】

大君の退位問わるる菊館
                林 とみ代

【原 はる江選】

慕はれて集ひし笑顔念腹忌
                鈴木 文子

【前田昌弘選】

百句会馬で行脚の念腹忌
                平間 浩二

【森西茂行選】

ブラジルに感謝する人生黄イッペ
                菊池 信子

【山城みどり選】

蘖や命をつなぐその力
                田中美智子

【吉田 繁選】

祖国の春三年続きのノーベル賞
                鈴木文子

 

◎席題特選句  代表選者選

【猪野ミツヱ選】【吉田しのぶ選】

師の忌へと麻州飛び立つ東風の朝
                小原 加代

【菊池信子選】

雷の句永遠に残せし念腹忌
                樋口玄海児

【小斎棹子選】【永田美知子選】

師の棺の重さ忘れず念腹忌
                星野  瞳

【香山和栄選】

海の日や瞼に母と里の浜
                不明

【小原加代選】

盛り上り生へる大豆のこぼれ種
                平野 住代

【小村広江選】

麗や新居に一句を詠めと言う
                猪野ミツヱ

【笹谷蘭峯選】

オートファジー解明春のノーベル賞
                鈴木 文子

【杉本絃一選】

大和心詠み継ぐ句座や念腹忌
                林 とみ代

【鈴木文子選】

竿いっぱい産着なびかせ春の風
                西川あけみ

【栃沢秋穂選】

牛童子忌珠玉の歳時記残されし
                香山 和栄

【西谷律子選】

囀りや葬送曲とし友送る
                永田美知子

【浜田一穴選】

歳時記は連れ合のごと牛童子忌
                小村 広江

【林とみ代選】

コロニアに誇れる一と日念腹忌
                富岡 絹子

【樋口玄海児選】

百歳の句友も元気念腹忌
                笹谷 蘭峯

【星野 瞳選】

九十年の絆今なお念腹忌
                佐藤 寿和

【村上士郎選】

時代を越え祖父の師修す念腹忌
                中馬 和子

◎兼題特選句  寿和選

合戦のありしは昔海苔筏
             日本・大成加寿子

海苔干場音の乾きし午後となる
             日本・稲家 民枝

囀に五感癒され巡る苑
             日本・柳田 美鈴

白寿まだ海苔を販ぎて浜に生く
             日本・武本 敬子  

種選ぶ見た目の勘を大切に
             日本・みやおか秀

地種屑多く異国の種選
                栃沢 秋穂

ファゼンダの電子選別種選
                笹谷 蘭峯

敬老日白寿を目ざす父母健在
                中馬 和子

濡岩に灰をまぶして海苔を掻く
                山下志げこ

杖持たず囀の園往復す
                郡司 はな

囀や湖へとつづく水源地
                平野 住代

兄一人住む最果ての夕蛙
                西森ゆりえ

<席題入賞者>

一位  小原加代  九点
二位  林とみ代  九点
三位  永田美知子 六点
四位  鈴木文子  五点
五位  星野 瞳  四点
六位  栃沢秋穂  三点
七位  平野住代  三点
八位  香山和栄  三点
九位  田中美智子 三点
十位  猪野ミツヱ 二点

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇(887)=富重久子 選2016年5月10日 ニッケイ俳壇(887)=富重久子 選    サンパウロ         平間 浩二里山の一村挙げて吊し柿【秋も深まってくると、この「吊し柿」が店頭に並び懐かしくてよく買い求める。 この句の「里山」とはスザノあたりの地方であろうか。スザノ地方では柿の出る頃は、吊し柿や串柿作りで忙しいことであろう。 「里山の一村挙げて […]
  • ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選2016年5月12日 ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎屠蘇を酌む我百才をブラジルに野の雨降りそびれたる残暑かな宙を飛び逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つこぼれ種子まで生える蕎麦の花盛り【百才を迎えたこの作者はまだ元気一ぱい、たのもしい限りである】   ペレイラ・バレトット    […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 今年6月18日、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある先没者慰霊碑前で行われた追悼法要の様子2015年6月29日 ニッケイ俳壇(843)=富重久子 選    プ・プルデンテ       小松 八景  移民の日語り伝へて次世代へ【六月十八日はいみじくも「移民の日」である。戦後移民の私共には、その苦労の真相は新聞や書籍、或いはその方々から聞かされる実話によるしかないが、つくづく身にしむ思いの募るものばかりであった。ここに掲げ […]