ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | マット・グロッソ州=発電所ダムからオイル漏れ?=河川流域先住民に深刻な影響

マット・グロッソ州=発電所ダムからオイル漏れ?=河川流域先住民に深刻な影響

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル=電気代水不足により値上がり=100kW/時で1・5レアル徴収2016年11月1日 ブラジル=電気代水不足により値上がり=100kW/時で1・5レアル徴収  国家電力庁(Aneel)は10月28日、11月から消費電力100kW/時あたり1・5レアルを追加徴収する、「イエローフラッグ」を採用する事を決めたと、10月29日付現地紙が報じた。  北東部を中心に干ばつが続いているため、飲用水確保の意味も込め、水力発電にまわす水量を減らし […]
  • アマゾン生態系保護訴え=「早急な産業革新が必要」2016年9月21日 アマゾン生態系保護訴え=「早急な産業革新が必要」  生物学者や志のある研究者らのグループが、現在進行中の大災害の危険性と、それによって法定アマゾンの6割がサバンナ化する可能性を訴えると同時に、生態系の変化に繋がる、大規模かつ持続可能な技術革新計画を発表した。20日付エスタード紙が報じた。  同グループの研究結果は科学雑誌「P […]
  • 電気代がサンパウロ州の一部とゴイアス州で値下げ=干ばつの北東部では値上げも2016年10月20日 電気代がサンパウロ州の一部とゴイアス州で値下げ=干ばつの北東部では値上げも  国家電力庁(Aneel)が18日、CPFL社とバンデイランテ・エネルジア(BE)社、ゴイアス州のCelg社の電気代値下げを認めた。これにより、3社から電力供給を受けているサンパウロ州の沿岸、内陸の55都市とゴイアス州の電気代が今週末から値下がりすると19日付エスタード紙が報じ […]
  • 環境省が水力発電所建設拒否=インディオや環境問題を考慮2016年8月5日 環境省が水力発電所建設拒否=インディオや環境問題を考慮  パラー州タパジョース市のサンルイス水力発電所建設計画の環境許可が国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)により拒否された。 許可審議委員会を構成する委員7人は、国家総弁護庁(AGU)と国立インディオ保護財団(Funai)、Ibamaの三者が作成した意見書を基に、インディオの […]
  • ソブラジーニョ=水力発電所ダムが底をつく=水不足で海水の使用も考慮2016年9月16日 ソブラジーニョ=水力発電所ダムが底をつく=水不足で海水の使用も考慮  フェルナンド・コエーリョ・フィーリョ鉱山動力相は14日、国内2位の貯水量を誇るソブラジーニョ水力発電所ダムの貯水量が、北東部の干ばつにより今年12月までにゼロになる可能性を示唆した。15日付エスタード紙が報じた。  バイーア州ソブラジーニョ市とカーザ・ノヴァ市にまたがる同発 […]