ホーム | ビジネスニュース | Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む

Uber=サンパウロ市で料理配達サービスを開始=高級店と提携し、ビジネスチャンス掴む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • タコベルが下半期にブラジル上陸=昨年の日本でのブームに続くか?2016年6月16日 タコベルが下半期にブラジル上陸=昨年の日本でのブームに続くか?  アメリカを拠点とするメキシコ料理のファスト・フード・チェーン「タコベル」が、16年下半期にブラジルに上陸するという。 アメリカではハンバーガーのマクドナルド同様に「安いファスト・フード店」として以前から有名だったタコベルだが、日本上陸は昨年だ。 メキシコ料理がなかなか根付かず […]
  • 勢い増すミニレストラン=省スペースで工夫を凝らす2015年2月28日 勢い増すミニレストラン=省スペースで工夫を凝らす  止まらぬ賃料の上昇に対抗して、店内を可能な限り小規模にしてコストを下げる。近年のサンパウロではそんな、オーナーの財布にもお客の財布にも優しい小規模飲食店が勢いを増している。 小さいことそのものがお店のヒットの条件ではない。大成功は、かえって小規模店には障害になることもある […]
  • ロウソクが集まった?=新型ケーキに注文が殺到2014年12月10日 ロウソクが集まった?=新型ケーキに注文が殺到  連邦直轄区のシェフ、ブルーノ・ヴェローゾさん(27)がソーシャルネットワークに掲載したロウソクを集めたような2段の新型ケーキに注文が殺到している。 「ほぼ2・5キロの純粋なおいしさをお届けします」との謳い文句付きで掲載されたケーキは、ヴェローゾさんが自宅に造った仮のキッチ […]
  • レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕2016年2月4日 レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕  40年の歴史を誇る聖市屈指の有名日本食レストラン「新鳥」が閉店になったと2日付フォーリャ紙、3日付エスタード紙の各電子版が相次いで報じた。 1975年に「サントリーレストラン」として開店したが、同店網の当地撤退決定を受け、新経営陣が05年に「新鳥」に改名して続けてきた。 18 […]
  • 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方2015年11月11日 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方  聖市ジャルジン・パウリスタ区にあるカレー専門店「Kare House」が8月から、木、金曜日の夜間限定で居酒屋営業を始めている。オーナーの池上カシオ智朗さん(42、三世)はデカセギ時代に親しんだ、「何品も頼んでお酒を飲む日本の居酒屋スタイル」を当地で再現しようと、意欲を燃やし […]