ホーム | 日系社会ニュース | 第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=聖市内で3店舗が営業開始

第8位=ラーメンブーム真っ盛り?=聖市内で3店舗が営業開始

 8位に選んだのはサンパウロ(聖)市内で続々と開店したラーメン業界から。専門店としてラーメン・アスー(プラッサ・ダ・アルボレ)、上々ラーメン(パライーゾ)、モモ・ラーメン(リベルダーデ=東洋街)が営業を開始した。
 しかも、どの店も特色が異なる。アスーはトメアスー出身の日系人が、トゥクピーやジャンブーといったアマゾン素材を用いたアマゾンラーメンを提供する。
 上々は日本のラーメン店主が開発に協力。「現地食材で限りなく日本と同じ味を再現する」という一杯は、開店直後から大行列ができる賑わいを見せた。
 モモは台湾系オーナーによる丸海グループからの出店。こちらも現地食材にこだわった。東洋街にはすでに複数の店舗が営業しており、ラーメンブームの到来を感じさせる話題となった。

こちらの記事もどうぞ

  • レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕2016年2月4日 レストラン新鳥が閉店=40年の歴史に幕  40年の歴史を誇る聖市屈指の有名日本食レストラン「新鳥」が閉店になったと2日付フォーリャ紙、3日付エスタード紙の各電子版が相次いで報じた。 1975年に「サントリーレストラン」として開店したが、同店網の当地撤退決定を受け、新経営陣が05年に「新鳥」に改名して続けてきた。 18 […]
  • 日本では食べられない!=すき家がラーメンを開始2015年9月19日 日本では食べられない!=すき家がラーメンを開始  大手牛丼チェーン店の「すき家」が、先月からラーメンの取り扱いを始めた。1杯13レからという低価格を実現。11月末までに聖市の全店舗で提供する予定だ。日本のメニューには無い商品で、話題を呼んでいる。 すき家を展開するゼンショー社グループにラーメンチェーンがあり、そこからノウハウ […]
  • 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方2015年11月11日 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方  聖市ジャルジン・パウリスタ区にあるカレー専門店「Kare House」が8月から、木、金曜日の夜間限定で居酒屋営業を始めている。オーナーの池上カシオ智朗さん(42、三世)はデカセギ時代に親しんだ、「何品も頼んでお酒を飲む日本の居酒屋スタイル」を当地で再現しようと、意欲を燃やし […]
  • モニカの飾り寿司大人気=農水省の和食セミナーで2015年7月29日 モニカの飾り寿司大人気=農水省の和食セミナーで  県連日本祭りの日本館では農林水産省主催の和食セミナーも3日間にわたって開催された。日本から派遣された3人に加え、現地のお菓子専門家が入れ替わり講習を行い終日賑わっていた。 中でも寿司実習と試食は大人気。一般社団法人・国際すし知識認証協会(本部=東京)の理事・認定講師の小川 […]
  • 日本祭り・郷土食ブース=(下)=断トツ人気はお好み焼き=各会工夫凝らして客寄せ2015年7月29日 日本祭り・郷土食ブース=(下)=断トツ人気はお好み焼き=各会工夫凝らして客寄せ  昨年からは広島風お好み焼きも販売する奈良県人会は、昨年1500枚を売り上げ、今年は2千枚を目標に定めた。鹿の角を頭に着けた青年らが忙しく焼き上げる中、役員の月本イサオさんは「5種類以上の調味料でソースを作った。変わったものも用意しないとね」と好調な売れ行きを喜んだ。 そし […]