2017年3月15日の記事一覧

サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍

 現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17世代は絶好調。決勝リーグ初戦のパラグアイ戦こそ引き分け ...

続きを読む »

《サッカー》ロシア代表に招集されたブラジル人=「ブラジル代表の競争は桁違い」と、ロシア代表としてのW杯出場に含み見せる

 3月24日と28日に親善試合を行うサッカーロシア代表メンバーに、同国のCSKAモスクワでプレーするブラジル人選手、マリオ・フェルナンデスが招集された。  ロシアは来年のW杯の開催国で、ロシア代表に選ばれると、欧州予選なしでW杯出場も可能になる。最近では、マリオ・フェルナンデスの他に、ロコモティフ・モスクワでプレーするゴールキー ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領がチップ関連法案裁可、2カ月後に施行へ=店が集めたチップは、従業員への分配が義務に

リオ州ペトロポリス市のレストラン(Marcelo Horn/GERJ)

 ブラジルのテメル大統領は13日、チップの徴収と、分配に関する法律を裁可した。この法案は2月21日に上院を通過しており、大統領の裁可待ちの状態だった。施行は2カ月後からとなる。  新法では、「チップ」はレストランなどの顧客が従業員に自発的に支払うお金だけではなく、現在レストランが徴収している「サービス料」その他の追加料金も含まれ ...

続きを読む »

《ブラジル》ラヴァ・ジャット作戦=オデブレヒト社2代目社長が「献金は絶対的ビジネスモデル」と証言=初代社長時代から隠し口座へ選挙資金=パロッシは仕切っていた一人

 ブラジル最大手ゼネコン「オデブレヒト社」の元社長マルセロ・オデブレヒト被告の父エミリオ氏が13日、パラナ州連邦地裁によるラヴァ・ジャット作戦の裁判で、被告側証人として「カイシャ2(隠し口座)は、この国では古くから使われてきた」と発言、同社創業時から収賄が常にあったことを明らかにし、波紋を広げている。14日付現地紙が報じている。 ...

続きを読む »

サンパウロ市公共交通機関=痴漢の被害届が3年間で9倍に=「声を上げて!」と被害者=地下鉄使えず退職した例も

満員の狭い車両の中で、卑劣な行為を働く犯罪者は後を絶たない(Paulo Pinto/Fotos Publicas)

 サンパウロ市の公共交通機関での痴漢行為は年々増加しており、2016年に出された被害届はバス、都電(CPTM)、地下鉄合わせて219件で、毎週4件以上に上ると14日付現地紙が報じた。  多くは地下鉄と都電で発生しており、その件数は188件だった。バスでの発生件数は31件だった。13年の痴漢行為による被害届は23件で、3年間の間に ...

続きを読む »

《ブラジル》臓器移植=提供者はわずかながら増加=順番待って死んだ人2千人

 ブラジル保健省が9日、2016年の臓器提供者は2981人で前年より若干増えたが、臓器移植の順番を待ちながら亡くなった人も子供82人を含む2013人いたと発表したと11日付エスタード紙が報じた。  16年の臓器提供者は前年の2854人より少し増え、2981人だった。同年中に実現した臓器移植手術も2万4958件に増えたが、移植を待 ...

続きを読む »

《ブラジル航空運賃》荷物料徴収を、直前に差し止め=反発を強める航空各社

機内預け荷物別料金徴収が始まるとされていた日の前日のサンパウロ、コンゴーニャス空港の様子(Rovena Rosa/Agência Brasil)

 【既報関連】ブラジル民間航空監督庁(Anac)は、航空各社が乗客からの機内預け荷物分の料金を別途徴収することを昨年12月に認めていた。  航空各社の言い分は、「機内預けの荷物がない、または少ない乗客は追加料金を払わなくて良いため、基本料金を下げることで、むしろ乗客は安く旅行できる可能性もある」というものだが、一般的には全く信じ ...

続きを読む »

サンパウロ市で本日、大規模スト発生か?=バスや電車も止まる可能性も

 連邦政府の社会保障制度改革に反対するストが今日15日に行われる予定で、サンパウロ市内では電車やバスなどにも影響が出そうだと、14日付現地紙が報じている。  今回のストは、労働時間の形態の変化などに反対する労組が動いたものだ。これに伴い、サンパウロ市のバスや地下鉄のほか、市立、州立の学校、病院や診療所、銀行などが一斉に機能を停止 ...

続きを読む »

東西南北

 13日未明、サンパウロ市北部ヴィラ・マリアで、住人のジヴァウド・ドス・サントス・モレイラさん(46)が、近隣で行われていたファンキのパーティで発射された銃弾を頭に受けて死亡した。ジヴァウドさんはパーティ参加者ではなく、1階がバーになっている建物の2階の住人に過ぎない。だが、運悪く、開けていた窓を閉めようとして窓に近づいた瞬間に ...

続きを読む »

水森かおり伯国初公演8月=紅白14回、ご当地ソングの女王=「演歌まつりinブラジル」で

水森かおり(提供:長良グループ公式サイト)

 池田マリオ・プロダクション(池田マリオ社長)が「長良グループ・演歌まつりinブラジル」を8月12日の午後3時、午後8時の2回、聖市のアニェンビー国際会議場大ホール(Av. Olavo Fontoura, 1209, Santana)で開催することが決まった。協賛するブラジル日本アマチュア歌謡連盟(NAK)の北川好美会長らが11 ...

続きを読む »