2017年10月3日の記事一覧

芸術か児童わいせつか?=物議かもして大荒れのサンパウロ近代美術館

 現在、サンパウロ市のイビラプエラ公園内に落成した近代美術館(MAM)で行われたある芸術家のパフォーマンスをめぐり、市長や芸術家らを巻き込んでひとつの大きな騒動が起こっている。  事の発端は、9月26日にMAMで行われたパフォーマンス芸術だ。この日は前衛芸術家のヴァギネル・シュワルツによる、自分の肉体を使ったパフォーマンスが行わ ...

続きを読む »

ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに

ブラジリア連邦区の灌漑施設(参考画像・Pedro Ventura/Agência Brasília)

ブラジリア連邦区の灌漑施設(参考画像・Pedro Ventura/Agência Brasília)  国家水道局(ANA)の調査によると、ブラジルは地球上で最大の灌漑面積を持つ10カ国の一つである事が分かった。  国内の灌漑面積を調査し、地図に落としこんだ「アトラス灌漑(ブラジル灌漑地図)」によると、現在ブラジルの灌漑面積は6 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選世論調査=ルーラが圧倒的大差で1位=ボウソナロとマリーナ続く=元大統領不出馬ならシロか?=ドリアとアウキミンは同点

支持率1位のルーラ氏(Ricardo Stuckert)

支持率1位のルーラ氏(Ricardo Stuckert)  ダッタフォーリャによる最新の世論調査によると、ルーラ元大統領(労働者党・PT)は、収賄などで有罪判決を受け、続々と起訴もされているにも関わらず、来年10月の大統領選挙で圧倒的な支持率で1位となっている。1日付フォーリャ紙が報じている。  9月27、28日に全国194市、 ...

続きを読む »

《ブラジル》労組団体=活動費強制徴収の抜け道画策=改正労働法施行を目前に=組合税より高額の天引きか?

テメル政権の労働組合への厳しい態度に、反発が強まっている(参考画像・Rovena Rosa/Agência Brasil)

テメル政権の労働組合への厳しい態度に、反発が強まっている(参考画像・Rovena Rosa/Agência Brasil)  【既報関連】7月11日に上院本会議が可決した改正労働法が施行される11月11日を前に、主要労組団体に所属する労働組合は、改正労働法の目指す「組合税支払い義務の廃止」に反発を強めていると、2日付現地紙が報じ ...

続きを読む »

リオ市=ロッシーニャで再び銃声=軍撤退後の懸念が現実に

 【既報関連】9月22日に軍兵士950人が派遣され、一旦は銃声が途絶えていたリオ市南部のロッシーニャで、10月1、2日に銃撃戦が再発していると2日付現地紙、サイトが報じた。  ロッシーニャはブラジル最大のファヴェーラで、9月17日に同市第2勢力を誇る麻薬密売組織のアミーゴ・ドス・アミーゴス(ADA)の内部抗争による銃撃戦が起きて ...

続きを読む »

《ブラジル》国民総給与=6~8月は2・7%増=1年で50億レアルの増額

まだ「景気の過熱」の心配よりも、「国民が生活に必要な物がまた買える」状態に戻る事が肝心(参考画像・Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)

まだ「景気の過熱」の心配よりも、「国民が生活に必要な物がまた買える」状態に戻る事が肝心(参考画像・Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)  地理統計院(IBGE)が9月29日に発表した全国家庭サンプル調査(Pnad)の結果によると、ブラジル国内の全労働者の給与総額はこの1年間で50億レアル増加したと ...

続きを読む »

サンパウロ市=グアラピランガで18歳青年溺死=恋人の16歳女性も遺体で発見

 1日、サンパウロ市南部のグアラピランガ貯水池で沐浴をしていた学生たち5人が溺れ、18歳の男性が死亡、その恋人の女性も遺体で発見される事故が起こった。2日付現地紙とサイトが報じている。  事故が起きたのは1日午後1時ごろで、サンパウロ市南部のカペラ・ド・ソコーロにあるグアラピランガ貯水池で沐浴していた16~20歳の5人組のグルー ...

続きを読む »

東西南北

 もう1年経てば本格的に大統領選挙なのだが、現時点では、汚職裁判が控えているルーラ氏が圧倒的で、それを追うのが極右のボウソナロ氏という、かなり極端な展開となっている。ただ、これはあくまでも1年前の予想に過ぎず、これからさき12カ月の間にいろんなドラマが起こってくることだろう。とりわけ、今は政界汚職に失望したと言ったところで、選挙 ...

続きを読む »

商議所フォーラム=伯国政治経済情勢を展望=不況下の戦略で明暗分かれ=鈴木孝憲氏ら三氏を招き

講演を行った鈴木氏(中央)

 未曾有の政治経済危機から伯国経済が回復基調に―。ブラジル日本商工会議所異業種交流委員会及びブラジル日本文化福祉協会の併催で「鈴木孝憲フォーラム~ブラジルの政治経済情勢~」を14日、文協小講堂で開催した。日系企業の駐在員や経営者らおよそ100人が鈴木氏ら三氏の鋭い政治経済分析に傾聴し、今打つべき戦略を問い正す機会となった。  元 ...

続きを読む »

APPCに選果場落成=創立以来の念願叶い

(左から)来社した浦田さん、森岡会長、牛腸会長

 パウリスタ柿生産者組合(APPC、森岡明会長)は、新設された選果場の落成式を14日、同選果場(Avenida Antônio Lacerda, 1221, Pilar do Sul)で行なう。  「選果場はAPPCを設立以来の念願」―。そう話す森岡会長の両拳は強く握り締められていた。2000年に設立された同組合は、柿を中心に生 ...

続きを読む »