ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 国際交流基金が日本語が学べるウェブサイト「JFにほんごeラーニング みなと」(minato-jf.jp)を昨年7月に開設した。現在ひらがな、カタカナのほかA1レベル(初心者)までのコースが公開されている。「挨拶をする」「趣味について話す」等の場面で使われる言葉を「知る」「聞く」「話す」という段階を踏んで日本語を勉強する。登録は無料なので日本語教育法の参考にしたり、日本語学習を始めたい人に勧めてみては。
     ◎
 聖市の宮城県人会(Rua Fagundes, 152)で月2回実施されている「青葉祭り」では、農協婦人部連合会(ADESC)の野菜や手作り惣菜が大人気だ。今年の日程は2月4/18日、3月4/18日、4月1/15日、5月6/20日、6月3/17日、7月1/15日、8月5/19日、9月2/16日、10月7/21日、11月4/18日、12月2/16日。朝7時から昼頃まで。冷凍したフェイジョアーダも美味。最近では駐在員らしき日本人の姿もチラホラ。「お袋の味」の魅力は、今年も健在だ。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年10月6日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ)が10日午後6時からサンジョアキン校(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2013年9月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年9月13日  先月末の代表者会議で来年の日本祭の会場問題について、一部の出席者から「何とか踏ん張ってやってやろうという意気込みが感じられない」「後ろ向きなことばかり言ってどうする」などと執行部を批判する声が挙がった。ところが別の出席者から「各県人会の負担 […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も2016年10月15日 ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も  ビジネスにおける日本語学習を専門とした語学学校「ONGAESHI ビジネス日本語学校(ONGAESHI Negocios em Lingua […]
  • 【2016年移民の日特集号】移民の日108周年に寄せて=在ブラジル特命全権大使 梅田邦夫2016年6月22日 【2016年移民の日特集号】移民の日108周年に寄せて=在ブラジル特命全権大使 梅田邦夫  「日本移民108周年」を心よりお喜び申し上げます。 ブラジルは世界有数の親日国ですが、その背景には、日本移民とその子孫の方々の百年以上にわたるブラジル社会への大きな貢献があります。昨年は、外交関係樹立120周年を記念し、各地の日系団体が中心になって、ブラジル全土で5百以上の行 […]