ホーム | コラム | オーリャ! | ジャパンハウスに「国魚の空中水族館」は?

ジャパンハウスに「国魚の空中水族館」は?

 「今年5月オープンするジャパンハウスの庭園に池があれば、ぜひとも無償で錦鯉を入れたい」―。そんな声が、愛鱗会ブラジル支部から上がっていると聞く。
 今のところ、竜安寺の白砂をイメージした外土間だけで、池を設置する予定はない。だが「全日本錦鯉振興会」によれば、錦鯉は「国魚」だ。見た目の優美さだけでなく、日本の真髄を理解してもらうにはぴったりの代物といえそう。
 もともと鯉は、人類が飼育した最古の観賞魚。突然変異で模様のある鯉が生まれことを機に、研究と改良を重ねて80にものぼる種を育んできた。創意工夫により伝統の中に革新を生む、日本文化そのものだ。
 当地では大農園主など一部富裕層しか飼育しておらず、実物を知る一般人は少ない。2階部分に大水槽をおいて泳がせれば、さながら「空中水族館」。地獄組みと並んでブラジル人の目を引くこと間違いなし!? (航)

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 日本人としての感性2017年9月13日 日本人としての感性  サンパウロ日本人学校の吉田校長は50周年式典で校訓「自主自立」「一所懸命」を紹介。「元来、本校は自由な校風であったが、子供が日本に戻ってすぐに馴染めるようにすることも大切。例えば、出し物で役割を与えてそれを楽しみながら全うしていくことで、責任感を身に付けて欲しい」と述べた。 […]
  • 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?2017年9月9日 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?  金曜の夜、ナイトクラブに行った。大音量で流れる音楽に合わせて、若者が所狭しと踊っている。奥に進むと明るく照らされた一畳ほどの場所で、彫り師が客の左腕にタトゥーを彫っていた。客は「かっこいいだろ」と言わんばかりに見せ、笑顔を作った。  なぜここでタトゥーを入れるのか不思議だっ […]
  • ロリータ対コスプレ2017年9月5日 ロリータ対コスプレ  日本発の『かわいい』ファッションの若者が集まるミミパーティーが週末に開催された。工夫を凝らした『かわいさ』を身にまとった来場者がたくさんいた。  ロリータ服を着た人が多いのではとの先入観を持って会場に入ったが、コスプレイヤーも半数程度。漠然と、両方とも同じような「なりきる」 […]