ホーム | コラム | オーリャ! | 入場時よりハツラツとした表情で帰る観客

入場時よりハツラツとした表情で帰る観客

 「曲を聴いたときに何を思い出すかが、頭の健康には大切」と公演の最初に語った橋幸夫さん。「心の健康のため、20年ほど前から最後に歌っている」という「いつでも夢を」を披露して公演は無事終了。
 閉幕後に来場者に感想を聞くと、幸せそうに顔を綻ばせ、曲を聴いた当時のことを振り返る人が多かった。1960年にデビューした橋さんと自分を重ね、「私の移民暦と橋さんの芸能暦はほぼ一緒。彼の本物の歌声聴くことが夢だった」という人も。
 「青春歌謡」と呼ばれる「いつでも夢を」。歌詞には「お持ちなさいな いつでも夢を」とある。青春時代にテレビやラジオを通して橋さんの歌に魅了された人が、今回は「本物を見る夢」を果たす結果となった。
 来場者は来たときよりも、はつらつとした顔で帰る人ばかり。橋さんは3回目の公演を果たし、日本移民と日系人のファンに思い出と元気を与えた。(雪)

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた2017年4月13日 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた  昨年11月に在外邦人へのJRパス販売停止が発表された際、取材したコロニアの人々は寂しそうな顔をするか、顔をしかめて怒り出した。『日本から拒絶された』との印象が強かったようだ。  その後、伯国をはじめ世界の在外邦人やその家族が反対運動を行い、在京ブラジル大使館や総領事館からも […]
  • 日系政治家はもっと誠実さ、潔癖さを訴えたら?2017年3月28日 日系政治家はもっと誠実さ、潔癖さを訴えたら?  26日のパウリスタ大通りデモの取材中、日系議員について聞くと、ほとんどの人が「よく知らないが、皆同じようなものだろう」という意見だった。  「同じようなもの」について詳しく聞くと、「どうせ汚職に携わっていて、国民に対する日本的な誠実さなんて無い。誰が上に立ったって同じ」との […]
  • オーリャ!2017年3月23日 オーリャ!  「次世代への継承を」―。来年の移民110周年の準備に励む人々からこういった発言を聞く。  先日来社した西森ルイス下議も同じく、「日系社会を継ぐ若者を育成したい。日伯のビジネスの機会を通じ若者に日系社会へ目を向けさせたい」と力強く語った。「日系の若者は日本とのビジネスに興味を […]
  • 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」2017年2月22日 好評な「バテ・パポ・エン・ジャポネス」  言語学習者にとって母語話者と交流することは大事な機会だ。ブラジル日本語センターで毎月曜に行われる「バテ・パポ・エン・ジャポネス(日本語で世間話)」は、ブラジル人日語学習者が日本人と実際に会話する場だ。開始からすぐに参加者が増え、今では人数を抑えるためあまり広報していないそう。 […]