ホーム | コラム | オーリャ! | 入場時よりハツラツとした表情で帰る観客

入場時よりハツラツとした表情で帰る観客

 「曲を聴いたときに何を思い出すかが、頭の健康には大切」と公演の最初に語った橋幸夫さん。「心の健康のため、20年ほど前から最後に歌っている」という「いつでも夢を」を披露して公演は無事終了。
 閉幕後に来場者に感想を聞くと、幸せそうに顔を綻ばせ、曲を聴いた当時のことを振り返る人が多かった。1960年にデビューした橋さんと自分を重ね、「私の移民暦と橋さんの芸能暦はほぼ一緒。彼の本物の歌声聴くことが夢だった」という人も。
 「青春歌謡」と呼ばれる「いつでも夢を」。歌詞には「お持ちなさいな いつでも夢を」とある。青春時代にテレビやラジオを通して橋さんの歌に魅了された人が、今回は「本物を見る夢」を果たす結果となった。
 来場者は来たときよりも、はつらつとした顔で帰る人ばかり。橋さんは3回目の公演を果たし、日本移民と日系人のファンに思い出と元気を与えた。(雪)

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • ジャパンハウスに「国魚の空中水族館」は?2017年2月17日 ジャパンハウスに「国魚の空中水族館」は?  「今年5月オープンするジャパンハウスの庭園に池があれば、ぜひとも無償で錦鯉を入れたい」―。そんな声が、愛鱗会ブラジル支部から上がっていると聞く。 […]
  • 日本とブラジルの《伝統》2017年1月20日 日本とブラジルの《伝統》  「真の日本の姿」を謳うJHに対して、コロニアからは不安の声も耳にする。「これまで当地で育んできた日本文化が否定されるよう」というものだ。  だが、組立工事を終えた檜のファサー […]
  • オーリャ!2017年3月23日 オーリャ!  「次世代への継承を」―。来年の移民110周年の準備に励む人々からこういった発言を聞く。  先日来社した西森ルイス下議も同じく、「日系社会を継ぐ若者を育成したい。日伯のビジネス […]
  • パラナ連合会も70から55団体に減少2017年2月3日 パラナ連合会も70から55団体に減少  移民百周年に向けて、州内の日系団体が一つに統合され、結成から十年を迎えたパラナ日伯文化連合会。「もう一度大きな祭典を!」との西森下議の呼びかけに、会場も熱気を帯びた。 […]