ホーム | コラム | 特別寄稿 | パラグァイがOECD開発センター加盟=米州開発銀行が首都で総会=1500客室が既に予約済み=パラグァイ在住 坂本邦雄

パラグァイがOECD開発センター加盟=米州開発銀行が首都で総会=1500客室が既に予約済み=パラグァイ在住 坂本邦雄

 この度、IDB(米州開発銀行)の第58回年次通常総会が、パラグァイ政府の主催で今月の29日から4月1日の4日間、初めてアスンシォン市で開催される。これは先般1月にパラグァイを出発点、そしてボリビア経由亜国ブエノスアイレス市を終着点にして行われた「ダカール・ラリー競技大会」に続く大国際イヴェントで、ホテル業、飲食店や観光業に及ぼす経済効果は見逃せないものがある。
 パラグァイ・ホテル産業協会(AIHPY)の会長ラケル・ガヴァグニン女史によると、アスンシォン全市のホテルの宿泊能力は、プレミアム・レベル(五つ星)とスーペリア・ツーリスト・レベル(四つ星)のものを合わせて2362室を数えるが、その内すでにIDB総会の会場(オリンピック委員会ビル)に近いヴィーリャ・モーラ区の多くのホテルの1500室は昨年来予約済みの由である。
 この他にアスンシォン市内ではないが空港に近くて最高級の「バーボン・アスンシォン・コンベンシォン・ホテル」と「ヨット&ゴルフクラブ」のリゾートホテルがある。
 このIDBとパラグァイ政府共催のビジネスフォーラムは、多数の国内外からの参加希望者や関係機関のかつてない活発な動きを見せ、パラグァイ国近来の好調な経済開発動向を国際的に広く知らしめる良い機会になる。
 今回のIDB総会への来訪客は、概してこの種レベルのホテル利用者であるが、その他の多くの新聞記者や関係技術員等々の同行者はもっと簡易なビジネス・ホテルを好む。
 当地日本国大使館もこの度のIDB・パラグァイ政府主催のビジネスフォーラムに向けて、日本及び在外進出企業等からの多くの参加者の来訪を呼び掛けている。
 「バーボン・アスンシォン・コンベンション・ホテル」の支配人ベタニア・プラッテ女史は、「このイベントには世界の48カ国からの企業家も含めて約3千人余りの人々が来訪する予定で、正に2015年7月のフランシスコ法王の公式司牧訪問や今年1月のダカール・ラリー競技大会と同様に、パラグァイにとって大変大事なイベントです」とサンチアゴ・ペーニャ大蔵大臣と面会した後で語った。
 一方、SENATUR(国家観光局)は当イベントで生じる得る外貨獲得予想額の計算は未だ出来ていないと云う。
 そのように、あれこれみて来ると、パラグァイは堅実なマクロ経済、豊富で安い労働力、安定したガラニー通貨、良好な労使関係や内外投資誘致優遇税制等に支えられて、国際的に有望な存在が認められて来ている。
 その顕著な一例として挙げられるのは、最近(1月)パラグァイはOECD(経済協力開発機構、本部在パリ)開発センターへの加盟が正式に決定した朗報である。

こちらの記事もどうぞ

  • 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄2016年7月23日 巴国の今後の課題を探る=知名度を高める努力が必要=小粒な反逆児の潜在力=パラグァイ在住 坂本邦雄  仏ソルボンヌ大学のラテンアメリカ高等研究所の所長で、ヨーロッパのラ米諸国に関心を抱く政財界やマスメディア界のトップ顧問の一人として知られる、ステファン・ウィトコフスキー専門家は、「パラグァイは国際社会でよりその存在感及び知名度を高めるべく努力すべきだ」と言う意見である。 これ […]
  • アジアに近づく物流革命か=蠢動する大陸横断2大計画=ペルーに抜けるかチリか=パラグァイ 坂本邦雄2016年1月19日 アジアに近づく物流革命か=蠢動する大陸横断2大計画=ペルーに抜けるかチリか=パラグァイ 坂本邦雄  最近、例の大西洋岸と太平洋岸を結ぶ「両大洋間中央鉄道回廊 - Corredor Ferroviario Bioceanico […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]
  • 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会2016年1月15日 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する「汎米日本語教師合同研修会」が18日から開始された。今年は伯国、亜国、ペルー、ボリビア、パラグアイ、チリの6カ国から18人の教師が集まり、2週間の濃密な研修を行っている。初日には来賓が集まる中、開校式が催された。 板垣理事長は […]