ホーム | 日系社会ニュース | 今年も日本式野球の伝授に=日体大から8人がブラジルで指導=JICA通じ全国10都市で

今年も日本式野球の伝授に=日体大から8人がブラジルで指導=JICA通じ全国10都市で

ちびっ子から記念にTシャツを受け取る日体大メンバー

ちびっ子から記念にTシャツを受け取る日体大メンバー

 JICAによる大学連携事業で、日本体育大学の野球部員ら8人が今年も来訪指導に訪れた。技術向上と青少年教育などを目的としており、21日の帰国まで約1カ月間、聖(サンパウロ)、麻(マット・グロッソ)州を始めとする全国10都市で活動。2014年の派遣から4年連続で実施され、走攻守といった基礎プレーの指導、連係プレーの実演を通じ日本らしいきめ細かい指導に汗を流した。

 日本の春休みに合わせ、毎年この時期に1カ月間の短期派遣が実施されてきた。麻州クイアバの日系団体、バルゼア・グランデ文化体育協会が受け入れ先となり、今年は8人の部員らが来訪。現在派遣中のボランティア10人の受け入れ先を回った。
 団員は先月25日にクイアバで活動をスタートさせた。南麻州ドウラードス、ナヴィライ、パラナ州クリチバなどを巡回し、現地の要望に合わせ指導に当たった。礼儀やマナーほか、走塁のコツや守備時のベースカバーなど、細部を重視する日本式野球を重点的に伝えた。

試合では終始、コチアを圧倒した

試合では終始、コチアを圧倒した

 今月10日には聖州へ。マリリア、インダイアツーバ、アチバイアといった地区を訪れた。グァララペスでの交流試合では、時折ヤジが飛ぶなどの環境に困惑しながらも、市長が駆けつけるなどし、地元市民らと交流も図った。
 講習最終日となった19日は、聖市コーペル・コチアで指導と交流試合に臨んだ。クラブの新田博和野球部長(67、島根)は「普段行なう準備運動は30年前のメニュー。最新の練習方法を伝授してくれた」と喜び、「走塁のコツや筋肉の使い方など収穫は多い」と語った。試合は初回の本塁打などで先制し、15―1(7回コールド)で日体大が圧倒した。
 8人の来伯団は学生コーチとして活動する者がほとんど。昨年に続き2回目の参加となった江藤輝さん(3年、福井)は、「交流試合が10から4程度に減った。講習に当てる時間が多くなり中身の濃い指導ができた」と成果を喜んだ。
 引率は同大卒業生の高丸博文さん(29、東京)が務めた。12~14年には日系社会ボランティアとしてクイアバに赴任しており、当時に比べ技術向上などを実感したという。世界と渡り合うために「投打以外の守る、走るという部分、さらにミスのないプレーを高めれば、パワフルなスタイルをより生かせる」とエールを送った。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]